さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!

病院ブログ

2015年の4月、満開のさくらに、眩しいほどの季節感を覚える中で、愛護団体様のご協力で「さくらねこ動物病院」を立ち上げ、気持ちも新たに取り組ませて頂いた仕事は、それまでの30数年間に亘る獣医師人生で培った見識とスキルを活かすことができ、人と動物の絆を大事に、そして双方の共存が叶い社会的に大きな意義を見出せる充実満足感の得られる内容でした。

 

一期一会から縁(えにし)が結ばれ、手掛ける仕事の大切さを理解いただき、機会ある毎に見守ってきてくださった多くの方々の思いには、動物と一緒の「まち」「くらし」を希求した地域再考への願いが強く滲んでいて、その熱意と真摯さに圧されて引き受けた仕事でした。

 

2018年の春、一心に育んできた「さくらねこ動物病院」の事業継承・譲渡を川畑先生に望まれたのを契機に、その仕事人生を手仕舞いし、関わり方を変えてフリーランスとしてわが獣医師人生の第二幕をスタートさせました。

 

ライフスタイルを変えて、これまでとは異なる楽しみ方を見つけて日々を味わい尽くしたいとの思いに駆られ、身体能力、認知能力の確かな内に家族で楽しみ、社会的なつながりを大事に生きることをこそ優先しようと思い立ったに拘わらず・・・・、世はままならないのが常で、第二の人生をいかに豊かに生きるかを考える暇も与えられず、寄せられた求めの強固さに抗しきれずに、圧し流されるように新しい日常に溶け込み務めた「さくらねこ動物病院」の仕事はあっという間に一年半が経過してこの間を大過なく勤め果(おお)せる事ができ、いま感無量の感慨を抱けるのも皆さんのお陰です。

 

「さくらねこ動物病院」は、愛護団体の皆様、市井の猫愛好家様のご支援と後ろ盾を得て運営が出来ています、心から感謝申し上げます。

 

 

私、藤田泰志は契約満了の期、2020年2月15日を持ちまして職を辞することになり、「さくらねこ動物病院」の今後を 川畑先生に委ねました。どうか、これからも引き続き、「さくらねこ動物病院」を暖かく見守って下さい、宜しくお願い致します

川畑先生は優秀で技量も確かなものをお持ちですが、これからの継続、発展には多くの方々の気持と知力、そして手が必要です。

成功哲学の祖、ナポレオン・ヒルは、「マスターマインドの協力なしで、偉大な力を発揮し得た人はいない」と言っています。マスターマインドとは、ある明確な目標を達成するために、知識や脳力を結集し、完全な調和の精神を持って働く、協力者のグループのことです。

 

どうか、これからも引き続き、「さくらねこ動物病院」を暖かく見守って下さい、宜しくお願い致します。

なお今後のブログに関しては、新年度より愛護団体ピースキャットさんのHPに掲載させて頂きたいと思います。

 

令和 2年 1月吉日  獣医師 藤田 泰志