さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!

新着情報

rss

件数:27

お盆のお休みは8月13日14日15日16日です。

11日は祭日ですが通常通り手術と診察を致します

 

暑さ厳しき折、どうぞ皆さまご自愛ください☆彡

5/19西日本新聞の朝刊に掲載されました☆彡
5月19日西日本新聞にさくらねこ動物病院が紹介されました。新聞記者さんは熱心な方で、獣医の卵でさえ、オペを見ると気分が悪くなって倒れる人もいるのに、2匹のオペを見学されて帰られました。
記者魂とはこういう事を言うのですね、感心させられました。

院長 藤田泰志

ここ数日、口内炎がひどいネコさんを治療点滴しました。

そのネコさんは、多頭崩壊で高齢者おひとりに

飼われていたのですが痴呆がすすみ施設に入院され、

ごはんもちゃんと食べられていなかったのか

ガリガリでしたが、点滴やお薬で、かなり改善し

自分の口からご飯を食べれるようになりました。

 

そのネコさんを含む8匹が置き去りということで、

ボランティア団体さんがサポートチームを作って

保護していますが、その保護費用を

クラウドファウンディングで募金を集めているとのこと。

 

応援してあげたいですね!

詳しい情報はhttps://readyfor.jp/projects/okizarineko

春日市の飼い主がいない猫の不妊去勢手術

助成対象指定病院の仲間になりました。

平成28年4月1日から利用できますので、

不幸な猫を無くすために春日市環境課まで申請をお願いします。

 

院長  藤田泰志

 オプション「リガシュア」のお試しキャンペーンが終了いたしました!

といっても、通常の男の子1000円、女の子2000円とリーズナブルに提供していますので

手術の際はプラスしてみたい方はオプションでお申し出ください。

 

リガシュアとは?

従来の避妊去勢手術は、卵巣子宮や精巣に繋がっている大きな血管を縫合糸(手術用の糸)で 結紮(結ぶ)ことで止血し、卵巣子宮や精巣を摘出します。 ですから、縫合糸反応性肉芽腫を防ぐためには縫合糸を使わないのが理想といえます。 当院では、リガシュアシステム(ベッセルシーリングシステム)を導入することによって 体内に糸を残さない手術が行えるようになりました。ネコちゃんの負担を減らす最近技術です☆

リガシュアキャンペーン延長のお知らせ!

通常の男の子1000円、女の子2000円の

オプションを昨年末まで無料にしておりました

リガシュアお試しキャンペーンですが、

猫ちゃんの手術の身体への負担が少ない技術なので、

もう少しの期間オプション無料で頑張ってみようと思います。 

 

 

リガシュアって?従来の避妊去勢手術は、卵巣子宮や精巣に繋がっている大きな血管を縫合糸(手術用の糸)で 結紮(結ぶ)ことで止血し、卵巣子宮や精巣を摘出します。 ですから、縫合糸反応性肉芽腫を防ぐためには縫合糸を使わないのが理想といえます。 当院では、リガシュアシステム(ベッセルシーリングシステム)を導入することによって 体内に糸を残さない手術が行えるようになりました。ネコちゃんの負担を減らす最近技術です☆

 

詳しくはこちら

診察時間の変更

「午前中手術の受付けはしておりますが 当分の間、午前中の一般診療は休診になります。

一般診療の方は午後3:00〜午後5時30分までにご来院ください。」

過分なオペ件数の為、ご迷惑をおかけしますがご容赦ください。

  

 院長  藤田泰志

12月27日から1月5日までは休診日になります。

 

 

その間、来年の手術の予約は

受け付けていますので病院までお電話ください。

 

                   院長 藤田泰志