さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
> 病院ブログ
rss

件数:37

私は戦争を知らない世代ですが、今年は戦後70年という節目に当たります。

家族から戦争の悲惨さと同時に、色々と戦時中の裏の部分も聞かされました。

 

戦時中、父は衛生兵(小さい時からそう聞いていました)だったので、

余り偉くなかったのだと思っていました。 現役引退後に姉から聞いた話ですが、

実は父は鹿児島の鹿屋の特攻隊に配属されていたそうですが、母が心配して

軍の上層部にいた親戚に依頼して衛生兵にしてもらったそうで、

衛生兵なら海外派兵は無かったそうです。

 

母は、戦時中長崎の波佐見に居てもどうしようもないのと、

親が口うるさかったので「長崎まで映画見に行ってくる」と噓を言って

兄、姉を連れて中国の大連まで船に乗って行ったそうで、波佐見では

行方不明と大騒ぎになったそうです。

そのうち中国から手紙が来てやっと所在がわかったそうですが、

中国でも軍のコネで石炭の販売、うどん屋、など手掛けてお手伝いさんも

何人もいて大成功したそうです。

 

そのうち豚丹毒という病気になり、当時は抗生剤も無く、三日三晩高熱で

意識不明となり危篤状態になりましたが、母は熱心な真言宗の信者でしたので、

夢枕に弘法大師様が出てこられて、「今度は助けてやる、それと余りある程の

大金を稼げるようにしてやるので、世の中の為に役立てなさい。」と言われ

熱が急に下がったそうです。

 

 

その後も大連で成功したのですが、敗戦で財産をすべて皆に分け与えて帰国

したそうで、石炭その他も軍に無償で与えたので、最後まで母と子供、祖母を

守ってくれたそうです。

それから帰国して数年後に私が生まれましたが、あの時父が特攻隊のまま

だったら、母が大連で亡くなっていたら、私は生まれてこなかったですね。

 

これだけ見ると、私は運が良いと思いがちですが、確かに子供の頃は

裕福でした。 しかし、親が商売の舵取りを間違えて、私が大学1年の時に

倒産して親戚からは私を大学にやるなどとんでもないと罵倒されたりした

そうですが、母はがんとして認めなかったそうで、私も苦学してやっと卒業

しましたが、その後貧乏のどん底でした。

 

銀行から土地、家の競売通知、闇金からの取り立てと精神的に追い詰め

られたのですが、父母は強かったですね!!

色々な経過をとり、父が65歳の時に夫婦で商売の再出発をしましたが、

その後も楽な事はありませんでした。

 

私はいろんな人に助けられ高宮で開業できましたが、ずば抜けた能力も

無いので、人より余分に働くことで帳尻を合わせられると思い、

年中無休で仕事をして、無事現役引退出来ました。

 

 

結局、神様、仏様はその人の能力以上の苦労は負わせないのだなと、

痛感しました。もしその苦労に打ち負かされたら、その人の努力不足なのだろうと。

 

国が滅んでも、教育さえ受けてれば世界中どこでも通用するというのが

母のポリシーでしたので、救われたのだと思います。

あの時、大学を中退させられていたら、野良ネコさんたちの不妊手術も

出来なかっただろうし、今どんな人生を歩んでいただろう。

 

院長  藤田泰志

子宮の顔

さくらねこ動物病院も開院して早や4か月になりましたが,

皆様のご協力で200ニャン(匹)のNeuter(不妊手術)が

終了しました。

 

興味深いもので季節によって子宮の顔が違います。

4~5月頃は6割位が妊娠しており、残りの4割は普通で

あったり、発情中であったりしました。

 

6月になると、子育ても佳境に入り乳腺がかなり張って、

開腹してみると子宮が疲弊して脆弱になっており、

触る時に緊張が走ります。

 

7月になると子育ても一段落で、乳腺は若干張って、

血管が蜘蛛の巣状になっており、切皮する時に注意を

要します。子宮は未だ回復しておらず疲労してるように

見受けられます。

一昨日、子育てに疲れたスレンダーなお母さんの

不妊手術をしましたが、条件が揃っていましたので、

0.85cmの切開で無事に手術が終えました。

切開創のサイズはこれまでで最少でした!!

 

現在 妊娠中の猫さんは 4〜5cm、位 

妊娠していない猫さんは1〜2cm位(例外もあります)と

いうところまで 切開創のサイズダウンに成功してきましたが、

これからも外猫さんたちの痛みの軽減SSI(術後感染症)予防

のために 切磋琢磨しなくてはと思っています。

 

2015年7月26日

さくらねこ動物病院  院長 藤田泰志

ボランティアさんのパッション
先日、北九州の馬島から猫の男の子一匹と女の子一匹の不妊手術に来られましたが、島民の方が小倉まで連れて来て、ボランティアさんが其処から大野城まで連れてくるというハードスケジュールでした。

AM11:30から手術を始めてPM2:00には船の最終便の関係で連れて帰らなくてはいけない状況でした。
こちらもその情熱に絆されて、痛みを少なくするように出来るだけ傷も小さくしてあげようと思い切開創1cmで終わることが出来てよかったです。

実は昨年12月に愛護団体のどうぶつ基金さんとその獣医さん達とで2日間で馬島の猫たち70数頭の不妊手術を終わらせたそうで、その時小さくて手術できなかった子達が連れて来られた次第です。これで全猫不妊手術済みになり猫たちも増加することは無いと思われます。

しかし、ボランティア団体の皆様のパッションには、頭が下がりますね、感謝の念を込めて一礼!!

院長 藤田
糸を残さない手術「リガシュアシステム」を導入しました!

猫ちゃんのことを想うと、なるべく手術の負担を少なくしてあげたい・・・

それが、たとえ野良猫でも、飼い猫でも関係なく、そうしてあげたいと想うのは 私だけではないと思います。

 

 

当院では、手術をより負担を少なくするという工夫を常に研究し推進しています。

より安全に、より負担が少なく、そしてリーズナブルに。

 

 

従来の避妊去勢手術は、卵巣子宮や精巣に繋がっている大きな血管を縫合糸(手術用の糸)で 結紮(結ぶ)ことで止血し、卵巣子宮や精巣を摘出します。

ですが、縫合糸反応性肉芽腫を防ぐためには縫合糸を使わないのが理想といえます。

そこで、体内に糸を残さないより優しく安全な手術をするために当院では、

リガシュアシステム(ベッセルシーリングシステム)

を導入することによって 体内に糸を残さない手術が行えるようになりました!

 

病院ブログ - さくらねこ動物病院

                          さくらねこ病院 院長 藤田泰志

 

毎日新聞さんに「さくらねこ動物病院」が掲載されました☆“
今日は、毎日新聞さんの取材の内容のご報告です。

3/22に病院のお披露目をしてからあっという間の3ヶ月。
前回のブログでは、100にゃんを超えました!という報告を
いたしました。

添付している新聞の画像が読めない方もいらっしゃると
思いますので  ⇓⇓⇓以下大まかな取材内容です⇓⇓⇓

「さくらねこ動物病院」は殺処分ゼロに向けてボランティア
団体の「ねこともの会」さん「こぞのえスポーツ」さんの
ご協力、また場所は動物病院だった場所を貸してくださって
いる今屋さんなど、たくさんのご協力のもとみんなで作った
愛情が詰まった病院です。

私は、65歳で無休の毎日に一度ピリオドを打ちましたが
日々「野良猫のために手弁当で手術を受けさせる
ボランティアの方々には頭がさがる。人生の後半は、
獣医師として社会貢献したい」
と復帰を決意しました。

野良猫の不妊去勢手術を専門とする病院は全国でも
数軒です。
福岡県内で2013年度に殺処分された猫4790匹のうち、
約80%の3695匹が仔猫であるため、むやみに産ませ
ないこと(避妊去勢手術をすること)しか、
今は、手段がないと考えています。




開業から100にゃんの手術を終えて思うこと。
さくらねこ活動がどれほど認知されているのか? 
カット耳の猫を見た人が、その意味するところを
分かっているのだろうか? 

一昨年までとは意義も、遣り甲斐も異なるも、
リスタートした病院での不妊手術も100匹を超え、
手術で疲れた身体を帰宅車のシートに預けて
ふと過る思いは。。。。

さくらが芽吹き花目をつけ、そして満開のタイミングに
2年間の休息を経て、改めてスモールスタートした活動も
「錆びついたのでは?」と案じた手術スキルも魔法が解けたように蘇り、満足を覚え順調な手応え。

ポジティブな思いは、ねこと人の共生、そして環境との
ハーモナイズのとれた世界のイメージが描け、夢が拡がる。

ねこを手厚く保護し、当院へと届けてくださる、
愛護団体様並びに当院を紹介してくださる個人の猫好きの方
には感謝の一念です。
この方たちは、明らかに利他主義の持ち主です。

不幸にも危害を加えられたねこ、
その向こうに見える、許し難いいじめ、蔑む人の存在…
その残念な思いは胸に押し込めてめげずに…

ねこを好きな人も苦手な人もいます。
それぞれの考えを認め合い、地域のみんなが協力し
ねこと人が共に気持ちよく生活できる地域を目指して…
さくらねこ活動の普及、意識の根付きは、
豊かな心の持てる健全な社会構築が先決。

想いは理想の世界へ、活動は地域に根差して

  “さあ、明日も頑張ろう!”

みなさんのご協力が、活動の支えです。

             さくらねこ病院 院長 藤田泰志
                    平成27年5月29日
*☆さくらねこ動物病院開院いたしました☆*
【開院のご挨拶】

桜も丸まり、芽吹きから開花への移ろいが待たれる春、
新しい生活がスタートするこの季節に、
気持ちも新たに動物病院開業の運びと相成りました。

皆様の可愛いパートナーのプロケアに38年間の長きに
わたって携わり、思うところあって2012年に後進に
その後を託し、皆様のご理解を得て引退を致しました。
今日までは動物医療を通じて命と向きあうことの
プレシャーから解き放たれ、メンタルと身体の養生に
時を費やして参りました。
何とか年相応な健康的な生活を取り戻すに連れ、
時間的ゆとりを楽しむ中で思慮が行き着く先は、
社会生活の中に見える課題解決のために、社会貢献の
一助として自分の持てる獣医療技術を活かしたお役立ち
を果たさなければならない、気持ちの充足に至るまでの
旅は途上にあって、まだ役目を残している、との思いでした。

そんな折、ねこともの会様、こぞのえスポーツ社長様等々
多くの方からのお申し越し、更にはご尽力を賜りまして、
人と動物のボンド(絆)、健全な社会共生、環境との
ハーモナイズ(調和)を将来的に持続維持することを目的に、
先ずは身近な地域環境や条件整備を行うという、この試みから
始めることになりました。

飼い主のない、迷いねこの救済のために、ノラと言われる
ねこちゃんの不妊去勢手術を施す「さくらねこ動物病院」を
開業することとなった次第です。

私の持てる獣医療知見やスキルを捧げることをライフワークに、
社会貢献への誇りを胸に宿して病院の存在意義を全うする所存です。

皆様のご協力なくしては為し得ません、
どうかよろしくお願い申し上げます。

さくらねこ動物病院
院長 藤田 泰志