さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
> 病院ブログ
rss

件数:39

天中殺

天中殺:「てんちゅうさつ」とは、算命学で提唱されている運命論のひとつです。同じ考え方は他の占いでもあり、四柱推命では「空亡:くうぼう」、六星占星術では「大殺界:だいさっかい」とよばれています。

どれも言い方が違うだけで同じものだそうです。

 

これは、12年に2年、12ヶ月に2ヶ月、12日に2日、12時間のうち2時間誰にでも訪れます。

この時期はトラブルが起きやすい時期で、人生の中でなにか新しいことを起こすと、良い結果が生まれないとされます。

目に見える活動には、「天が味方してくれない時期」、しかし天界の蓋がないので、「無形(精神的世界)の世界と縁を作ると良い運気」らしい。

 

私の天中殺は12月と1月になっており、毎年身構えてしまいます。

30代、40代の時は、サプリメントの効果があり、あまり病気したことがありませんでしたが、ここ10年くらい遡ってみると、8年前の12月に「帯状疱疹」、翌年の1月15日に「耳石症」になり、朝起きたら天井がグルグル回って嘔吐して何事かと思いました。

 

動物病院を引退した4年前の12月は、頭の皮膚がビリビリ痛んで、MRI撮っても、脳には異常がなく、結局、「後頭神経痛」という病気でしたし、2年前の12月には風邪をひいて20数年ぶりに38度以上の発熱で、5日間ほど点滴に通いました。

 

昨年の1月19日にはまた「耳石症」になり、右側に向いて寝るとグルグル眼が回り、往生しました。

まあ偶然かもしれませんが、私の場合は12月と1月は特に気を付けていましたが、過去にはよく病気しました。

 

昨年12月は、我が家の24歳の猫が体調を崩し、ずっと点滴をして、何とか正月を越せましたが、1月16日に他界しました。体重は1kg未満になり、刀折れ、矢尽きても死神と戦い頑張っていましたが、大往生だったと思います。悲しみに打ちひしがれていた時に、翌週の23日に姪から連絡があり15歳違いの兄が急逝しました。前日まで特に普段と変わりなかったそうで、吃驚しました。

 

今年は何とか病気はしませんでしたが、我が家の猫が亡くなり、兄も亡くなり、これも「天中殺」のせいかなと思っております。

これでまた悲しみを積み重ねたので、猫さんに今まで以上に優しくなれるかな。

 

 2月10日  院長 藤田泰志

無事これ名馬なり。

競馬の騎手武豊さんの言葉を借りると、名馬の定義は

人それぞれです。僕たち騎手にとっての名馬とは、

走るたびに優勝する馬のこと。

 

しかし、馬券を買う人……なかでも穴党にとっては、

高配当を運ぶ馬こそが名馬なのかもしれません。

そして、馬主さんにとっての名馬といえば、やはり

怪我なく、無事に走ってくれる馬のことでしょう。

 

馬主でもあった文豪・菊池寛氏が、競馬雑誌『優駿』に

寄せた随筆……「馬主にとつては、少しぐらゐ素質の秀でてゐるといふことよりも、常に無事であつてくれることが望ましい。

『無事之名馬』の所以である」という言葉には、

なるほどとうなずけますし、いまこの言葉は

競馬の枠を飛び越え、すべてのアスリートにとって

賞賛に値する金言となっています。

  

無事之名馬・・・真っ先に僕が思い出すのは、

ステイゴールドの名前です。

 

2歳でデビューした彼は、以降引退するまでの5年間で

50走もした、まさに、競馬界の鉄人でした。

4度のGIを含め、2着が12回もあったことから、

シルバーコレクター”といわれましたが、それも

彼のファンが親愛の情を込めて名づけた呼称でした。

 

僕が彼とコンビを組んだのは6度。

その中のひとつに、歴史的な勝利となった01年3月の

GII「ドバイシーマクラシック」(芝2400m)があります。

 

しかし、彼を名馬たらしめたのは、なんといっても50走目

となったラストラン……01年12月16日に行なわれた

GI「香港ヴァーズ」(芝2400m)でしょう。

直線入口では、先頭を走るエクラーまで10馬身差。

普通なら逆転は難しいところですが、

この日のステイゴールドは、ディープインパクトも

驚くような走りを見せてくれたのです。

 

私も少しばかり競馬をかじっていましたので、

無事これ名馬で思い出すのはやはりステイゴールドですね、

香港のG1で優勝した時は涙が出ました。

 

1998年秋の天皇賞で骨折し安楽死された、

影をも踏ませない天才逃げ馬サイレンススズカ

どうしても対比してしまいます。

 

最近は若い動物病院の先生たちも多忙で体調を崩して、

休業したり辞められたりしてますが、

健康は自分で作り出すものです。

 

私の場合は貝原益軒の養生訓を参考にさせて頂いて、

子供の頃身体が弱かったのですが、

成人してから大病を患ったことはありません。

 

今年は古希(数え年)を迎えますが、

血圧も正常で生活習慣病もなく血液検査も

異常ありませんので、もう暫く旅を続けたいと

思っております。

 

2017年1月10日     院長 藤田泰志

ある思考法

昔、「不幸発、幸福行」という本を読みましたが、

色々と為に成る事が書いてありました。

その内、今でも記憶に残ってる思考法があります。

例えば世の女性が求める男性像で「優しい人」いうのがあります。この優しさというのは誰に対してでしょうか?もし、自分に対してだけの優しさだったら、幻想で終ると思います。

 

優しい人は全てに優しいので、他の女性にも優しいし、母親にも優しいと思います。ところがこれに「厳しい」を加えてみると、最高の人物像が見えてきます。

最高の人物は、自分に厳しく他人に優しい人ですが、周りに居るでしょうか?おそらくマザーテレサ、ガンジーみたいな人です。

2番目は自分に厳しく他人にも厳しい人ですが、うるさいけれど自分にも厳しいので、バランスはとれていると思います。

3番目は自分に優しく他人に優しい人ですが、自分にも優しいので、優柔不断で少しだらしがないかもです。

4番目は自分に優しく、他人に厳しい人ですが、これは最低ですね。世間を見渡せば、政治家に多いのではないでしょうか。

ざっくり人間を分析すればこの中に入ると思います。

この思考法を使うと、全てを簡単に分析できます。

例えば外食をする時は序列として(1)安くて美味しい店(2)高くて美味しい店(3)安くて不味い店(4)高くて不味い店の順番になります。

結婚相手としては、(1)性格が良くてイケメン(2)性格が良くて普通の顔(3)性格が悪くてイケメン(4)性格が悪くて普通の顔という風に自分なりに序列をつけて選択すれば、人生の道しるべになると思います。

 

12月10日

院長  藤田泰志

幸運な人

心理学者のリチャード・ワイズマン氏は、なぜ特定の人の運が良いのかを検証するべく、10年にわたる研究を実施しました。

”私の研究で、運が良い人は4つの基本原則に基づいて幸運を生み出していることが明らかになりました。彼らはチャンスを見つけ、自らチャンスを作ることに長けており、直感に従って幸運を呼ぶ判断を下します。物事を前向きに予想することで自らが期待する結果を招き、快活な態度で不運を幸運に変えることもできるのです。

運の一部には思考が大きく作用しているとWiseman氏は説明します。結果として、自分が不運だと考えている人は直感に従って判断を下せないという傾向があります。一方で、運が良いと思っている人は、自分の勘を大切にしてそれに従い、成果を出すことができます。また、Wiseman氏によると不運な人は常に手順を踏みながら行動しますが、反対に幸運な人は人生に多様性を取り入れており、それによって「幸運な」機会との遭遇が増えているのかも知れない、とのこと。

Wiseman氏の研究を見る限り、「幸運とは自分で作り出すもの」なのかもしれませんね。

レオナルドダヴィンチは「幸運の女神には後ろ髪がない」と言っているので、勘を働かして前髪を捕まえないと、あれ、誰か通り過ぎたと思った時はもう遅いのかもしれませんね。

 

11月10日

院長 藤田泰志

11/1(火曜)13:55〜『今日感テレビ』でさくらねこ動物病院を取材いただきました☆彡
殺処分ゼロに向けたさまざまな活動を取り上げてくださるようです


腸内フローラ 2

前回、腸内フローラが、癌、糖尿病、アレルギー、うつ病、自閉症、パーキンソン病等に関係しているのが解明できました。

 

それでは、どうやって腸内フローラが出来上がるのでしょうか?

お母さんの胎内にいる間は、赤ちゃんは無菌状態です。

そして出産時に産道を通ることで、お母さんの菌を受け継ぐといわれています。赤ちゃんは生まれると呼吸を始めますが、そのときにお母さんの菌だけでなく、医療機関に棲みついている菌、医師や看護師さんたちの菌も体内に取り入れます。

 

また、赤ちゃんは母乳を飲み始めるとお母さんから

IgA(免疫グロブリンA)という抗体を受け継ぎ、

体内を細菌やウイルスの感染から守ります。

母乳を飲んでいる赤ちゃんの腸内細菌の約90%が

ビフィズス菌といわれています。

母乳に含まれるオリゴ糖がえさとなって、

ビフィズス菌が増えているのです。このため、

生後半年以上は母乳で育てるのがいいといわれています。

 

このようにして、生後1年までには赤ちゃんの

腸内環境が整ってきますが、ビフィズス菌が

増えるのと同時に悪玉菌や日和見菌を取り入れ

ることで、免疫が獲得できるようになります。

そして出来上がった腸内フローラは、そのまま生涯、

人生のパートナーとなります。

 

人間の成長と共に、ストレス、暴飲暴食、睡眠不足

などが重なると腸内フローラが変化して

悪玉菌優勢となり、あらゆる病気が発生します。

 

原因不明の難病でクローン病、潰瘍性大腸炎

言うのがあり、薬物療法でも効果が不定だそうですが、

温故知新の療法で光明が見つかったみたいです。

 

それは便移植療法という治療法です。

腸内細菌の乱れが原因と考えられる難病患者の腸内に、健康な人の便を移植することで、腸内フローラを健康なものに戻そうというものです。

もちろん便は適切に処理されたものを使用します。

日本では潰瘍性大腸炎など限られた疾病に対して、

家族または配偶者の便を使用するなど厳密な規定のもとで臨床研究が進められています。
アメリカではすでに治療法として確立されており、

クロストリジウム-ディフィシル感染症

関しては非常に高い治療効果が表れていると

報告されています。

日本でも研究が進んで、新たな治療法として

確立されることを期待したいものです。

 

ワンちゃん、ネコちゃん達の炎症性腸疾患辺りにも

利用できる治療法ですので、大学病院辺りで

研究して貰いたいものですね。

 

2016年10月10日

院長  藤田泰志

腸内フローラ

 腸内フローラは、最近ちょくちょく耳にするようになってきた言葉です。フローラとはお花畑という意味で、腸内フローラとは、まるでお花畑のようにみえる腸の中の腸内細菌の生態系全体のことをさすそうです。細菌は体の様々な場所にいますが、腸内細菌は100兆以上いるといわれ、とてつもなくたくさんいるのですね。

 

腸内細菌が身体に影響を及ぼすものの一つが腸内細菌から排出される物質です。この排出物質によって様々なことが起きているといいます。
 まずは肥満に関しての影響です。腸内細菌の専門家 ワシントン大学 ジェフェリーゴードン氏の実験によると、太った人からとった腸内細菌と痩せている人からとった腸内細菌をそれぞれマウスに移植させたところ、痩せた人の腸内細菌をもったマウスは体重に変化は見られなかったが、太った人の腸内細菌をもったマウスは、どんどん太っていったといいます。これは太った人の腸の中でバクテロイデスという菌が少なくなっていたことが原因でした。腸内細菌は、人が食べたものを栄養にして生きています。その時、様々な物質を排出します。この腸内細菌から排出される物質が人には重要だということが分かってきました。バクテロイデスからは短鎖脂肪酸が排出されます。短鎖脂肪酸は血液を通して体全体をわたり、脂肪細胞に働きかけ余分な脂肪を取り込まないようにします。さらに筋肉に脂肪を燃やすよう働きかけます。これで肥満を防いでいるということでした。短鎖脂肪酸以外にも細菌が排出する物質は様々発見されており、その物質が老化予防、糖尿病予防、アレルギー予防などをもたらすといいます。

 

アメリカでは腸内フローラによる糖尿病治療の研究が行われています。糖尿病はインスリンの分泌が悪くなる病です。これには短鎖脂肪酸が関係していることが分かってきたそうです。短鎖脂肪酸が減るとインスリンの分泌も減るといいます。そこで短鎖脂肪酸を作る細菌を増やすためにブルーベリー由来のポリフェノール、穀物由来の食物繊維を配合した薬が開発されました。臨床試験ではこの薬によってインスリンの分泌量が増えました。糖尿病治療は腸内フローラによって大きく進歩すると言われています。

 

がん研有明病院では、がんを引き起こす腸内細菌が発見されました。この腸内細菌は新種の腸内細菌だったのでアリアケ菌と命名されました。アリアケ菌が排出する物質DCAががんの原因物質と言われます。大腸がんをはじめ、前立腺がん、乳がん、肝がんなどの発症原因になると考えられるそうです。さらにアリアケ菌は肥満になると増えることもわかりました。つまり肥満ががんを誘発する原因の一つだということが解明されました。

 

私は過食によって活性酸素が増加して癌になるのではないかと思っていましたが、間違っていたみたいですね。

私も腸が弱かったので学生時代から腸内細菌叢には興味を持っていましたが、当時予測された、癌との相関がやっと実証されましたね。

うつ病との関係も示唆され、腸内細菌叢の状態が人生を左右すると言っても過言ではないようですね。

 

 

2016年9月10日

院長  藤田泰志

運を良くする。

経営の神様と言われた松下幸之助は社員の面接の時に必ず聞くことがあったそうで、

それは「今まで生きて来て君は運が良かったか?」という質問で、真実は解りませんが、その答えが「良かった」という人間を雇用したそうです。 世の中には、お金が無いから不幸で運が悪いという人もいれば、生きているだけで、運が良いという人もおり、心の持ち方次第でどうにでも感じられるから、運が良いと言った人を雇用したのかもしれません。

 

このように運が良い人、悪い人の境目はどこにあるのでしょうか?

 

 

運勢アップするにはスピードを意識すればいい」というサイトを見つけました。 運が良くなりたいとはいえ、相手によって事情はさまざまですから、アドバイスもさまざまです。

 

しかし、どんな人にも共通する運勢アップのポイントがあります。それが「スピード」です。

私は運勢アップを願う人にはいつも「スピードアップを意識すれば、運がよくなりますよ」というシンプルなアドバイスをします。

スピードを意識するだけで、必ず運勢はアップします。

 

決断が早いと展開が早くなり、返事が早いと意思疎通も早くなり、チャンスをつかみやすくなります。

それが「運勢がよくなる」ということです。

神様に祈ってばかりいるより、実際に自分の行動を早くするだけで、簡単に運勢がよくなります。

スピードには、運を上げる力があります。

早ければ早いほどいいのです。

 

手を合わせて祈るのではなく、足を動かして行動するものなのです。運は、生ものです。ゆっくりしていると賞味期限が切れてしまい、おいしくなくなります。

握り寿司のように出てきた瞬間に食べるようなスピードがあったほうが、より新鮮であり、おいしいのです。

松下幸之助は、運が良い人は、決断が素早く仕事がテキパキと出来る人であるという事を見抜いていたのかもしれませんね。

 

私も、野良猫さんの為にRevolution(改革)を起こそうと思い、素早く決断して九州で初めて、どうぶつ基金さんの協賛動物病院になりました。その後、鹿児島、大分に同じ協賛動物病院が出来て、喜ばしいことです。

どうぶつ基金さんのチケットが抽選で当たると、

8月はオプション無しの場合女の子 税込(¥2916) 男の子税込(¥3456)で手術ができます。

 

8月10日 院長  藤田泰志

巧遅は拙速に如かず

孫子の兵法に

巧遅は拙速に如かず(こうちはせっそくにしかず)

と言うことわざがあります。

「巧遅」とは、出来はよいが仕上がりまでが

遅いという意味。

 

「拙速」とは、出来はよくないが仕事が早いという

意味で、場合によっては、ぐずぐずしているより、

上手でなくとも、迅速に物事を進めるべきだということです。

 

「運が悪い人は決まって遅い」というサイト

がありました。なぜ遅いのかというと

「遅いことがいいこと」だと勘違いしているからです。

ゆっくりすれば、「熟慮」しているように思え「慎重」になっているかのような感じがします。

真面目な印象も出てきます。

慎重派の人は、好き好んでゆっくりとなり・・・

うまくいかないのです。

うまくいかない現実を見て、こう思います。

「自分の熟慮が足りなかったのだ。

もっと慎重にゆっくり考えればよかった」

 

まず、メールです。

メールをもらっても、誤字脱字のないように慎重に

内容を考えてから返事しようと思います。しかし、

メールをした側は、なかなか返事が返ってこないこと

にいらいらして、残念に感じています。

多少の誤字脱字があってもいいから、早く返事を

したほうがいいのです。

 

「この人にメールを出してもなかなか

返事が返ってこない」と思われ、メールをもらえなく

なり、友人も遠ざかってしまいます。

遠ざかった理由を

「メールの内容がいけなかったのだ」と思い、次からもっと丁寧に考えてからメールを書こうとしています。

 

 

次に仕事です。

仕事を任されたとき「絶対に失敗しないように」と慎重になります。しかし、お願いした側からすれば、終わるまでに時間がかかっていると「まだできないのか」といらいらします。

仕事が遅いと、業務に支障が出るため、だんだん仕事をお願いされることがなくなります。

仕事がふられなくなった理由を「仕事のできが悪かったのだ」と思い、次からもっと丁寧で完璧に仕事をしようとし ています。

下手でもいいから、まずさっと仕事を終わらせることが必要です。

 

遅いと全てのチャンスを逃す可能性があるのです。

そういえば手術の予約をしていて、都合が悪くなって早めにキャンセルする人と、当日キャンセルする人、オペに来ないのでこちらから電話したら

「すみません、今キャンセルの電話するところでした。」という人、電話に出ない人と様々です。

同じ命題でもご本人の対応次第でツキを落としてしまっている人もいるのでしょうかね?

 

 

猫の不妊手術の場合「巧速は全てに勝る」を心掛けてオペしているつもりですし、麻酔をかけるというのは強制的に仮死状態にしているので一刻も早く覚醒させるのが、医者の務めであると名医の先生が述べておられましたので、私もそれを心がけているつもりです。

 

それでは次回は「運をよくする方法」を考えてみます。

 

          7月15日 院長  藤田泰志

2025年問題

 これから10年間で、日本の人口は700万人減ります。

15歳〜64歳の生産年齢人口が7000万人まで落ち込む一方で、

65歳以上の人口は3500万人を突破する。

 

2025年の日本は、団塊の世代が75歳を超えて

後期高齢者となり、国民の3人に1人が65歳以上、

5人に1人が75歳以上という、人類が経験したことの

ない『超・超高齢社会』を迎える。

これが『2025年問題』です。

我々団塊の世代が後期高齢者になると、病床が足りなく

なり病院で死ねなくなる人が増加するし、医者不足で

切り捨てられる人も出てくるし、その医療費も若者世代の

負担が増え、日本の財政も破綻するのではないかと言う

危惧があるらしいのです。

 

2020年の東京オリンピックが終わると、

今まで経験した事がない不況が訪れて、2025年を迎え、

癌患者、認知症患者が急増して、果たしてどうなるのかと

不安を覚えますね。

 

さて我が家の猫も24歳になりました。

歯肉炎と腎疾患の持病があり、ここ2年の間、

何回も駄目だと思ったことがありましたが、

定法通りの皮下点滴と、補助療法でプラセンタの注射と

口内炎に効く抗生剤の投薬で何とか生きていますが

最近認知症らしい症状が出て、

夜中によく泣くようになりました。夜中に起きて、

撫でてやりながら、2025年には自分もそうなるかもと、

ふとため息が出ます。

 

さあ、明日から頑張ろう!!

野良猫さん、ボランティアさんの為に。。

 

6月15日  院長 藤田泰志