さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
rss

件数:1

嫌われる勇気

アルフレッドアドラーは、

フロイト、ユングに並ぶ心理学者であり、

最近まであまり注目されていませんでしたが、

嫌われる勇気」という本が紹介されて

見直されるようになりました。

 

アドラー心理学の特徴は、

すべての悩みは対人関係の悩みである

した上で、フロイト的な原因論を根底から覆す

目的論」の立場をとるところにある。


たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、

社会でうまくやっていけない」と考えるのが

フロイト的な原因論であるのに対し、

アドラー的な目的論では

社会に出て他者と関係を築きたくないから、

子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。

つまりアドラーによれば、

人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、

いまの「目的」に沿って生きている。

 

こうしてトラウマを否定するアドラーは、

人生(生き方)とはいつでも選択可能なものであり、

過去にどんなつらいことがあったとしても、

これからどう生きるかには関係がない、と唱えた。

 

人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という

決心を下しているに過ぎない。

いま幸せを実感できない人に足りないのは、

能力でもないし、お金でもないし、

恵まれた環境でもない。

変わること(幸せになること)に伴う

勇気」が足りないのだ。

それがアドラーの主張だった。

 

アドラー心理学では、わたしたちの行動は、

その人の意志による目的があってそうしていると考えます。

これは、過去に経験したことがいまの行動の原因である、

という考え方とはちがいますね。

たとえその行動が自分の望まないものであっても、

その人の意志であると考えます。

 

結婚しない女性は、結婚できないのではなくて

結婚しないほうが都合が良いので結婚しないと

言う事になります。

 

アルフレッドアドラーの名言

「やる気がなくなった」のではない。

「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。

「変われない」のではない。

「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

人生が困難なのではない。

あなたが人生を困難にしているのだ。

人生はきわめてシンプルである。

できない自分を責めている限り、

永遠に幸せにはなれないだろう。

今の自分を認める勇気を持つ者だけが、

本当に強い人間になれるのだ。

苦しみから抜け出す方法はたった1つ。

他の人を喜ばせることだ。

「自分に何ができるか」を考え、

それを実行すればよい。

 

最近、高校の卒業アルバムを見ていると、

ある先生の贈る言葉に

Be True Be Pure Be Strong Be Brave

と書いてありましたが、勇敢たれ!!と

最後に書いてあるのが、興味深かったですね。

 

2017年 3月10日

院長    藤田泰志