さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
rss

件数:1

運を良くする。

経営の神様と言われた松下幸之助は社員の面接の時に必ず聞くことがあったそうで、

それは「今まで生きて来て君は運が良かったか?」という質問で、真実は解りませんが、その答えが「良かった」という人間を雇用したそうです。 世の中には、お金が無いから不幸で運が悪いという人もいれば、生きているだけで、運が良いという人もおり、心の持ち方次第でどうにでも感じられるから、運が良いと言った人を雇用したのかもしれません。

 

このように運が良い人、悪い人の境目はどこにあるのでしょうか?

 

 

運勢アップするにはスピードを意識すればいい」というサイトを見つけました。 運が良くなりたいとはいえ、相手によって事情はさまざまですから、アドバイスもさまざまです。

 

しかし、どんな人にも共通する運勢アップのポイントがあります。それが「スピード」です。

私は運勢アップを願う人にはいつも「スピードアップを意識すれば、運がよくなりますよ」というシンプルなアドバイスをします。

スピードを意識するだけで、必ず運勢はアップします。

 

決断が早いと展開が早くなり、返事が早いと意思疎通も早くなり、チャンスをつかみやすくなります。

それが「運勢がよくなる」ということです。

神様に祈ってばかりいるより、実際に自分の行動を早くするだけで、簡単に運勢がよくなります。

スピードには、運を上げる力があります。

早ければ早いほどいいのです。

 

手を合わせて祈るのではなく、足を動かして行動するものなのです。運は、生ものです。ゆっくりしていると賞味期限が切れてしまい、おいしくなくなります。

握り寿司のように出てきた瞬間に食べるようなスピードがあったほうが、より新鮮であり、おいしいのです。

松下幸之助は、運が良い人は、決断が素早く仕事がテキパキと出来る人であるという事を見抜いていたのかもしれませんね。

 

私も、野良猫さんの為にRevolution(改革)を起こそうと思い、素早く決断して九州で初めて、どうぶつ基金さんの協賛動物病院になりました。その後、鹿児島、大分に同じ協賛動物病院が出来て、喜ばしいことです。

どうぶつ基金さんのチケットが抽選で当たると、

8月はオプション無しの場合女の子 税込(¥2916) 男の子税込(¥3456)で手術ができます。

 

8月10日 院長  藤田泰志