さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
rss

件数:1

前回、自分以外の為にお金を使うと幸福度が

増すと結論付けましたが、 余りにも抽象的で、

100%信じられない人もいると思います。

そこで色々と科学的に検証した所、 利他的な

行為はおそらく脳からβエンドルフィン(脳内モルヒネ)が

分泌されるのではなかろうかと思われます。

 

βエンドルフィンは脳内の報酬系に分布し、

内在性鎮痛系に関わり、 多幸感をもたらすので、

脳内麻薬と言われています。

どんな時に分泌されるか箇条書きしてみます。

(1) きれいな物を見たり好きな音楽を聞いた時。

(2) マラソンで苦しい状態が続いた時。

(ランナーズハイと言われている。)

(3) 肉体的な痛みや疲労が高まった時。

(4) 性行為や美味しい物を食べた時、油を食べた時。

(5) 熱いお湯(40度以上)に入浴した時

(6) パチンコ、競馬などのギャンブルで大勝した時。

(7) 過剰なストレスが襲った時

(8) たばこを吸った時や少量のアルコールを飲んだ時。

(9) 死に直面した時。

(10) 瞑想した時、並びに鍼灸治療後。

 

こう見てくると、素晴らしい脳内モルヒネの作用ですが、

一歩間違えると依存症になりやすい人も出てくると思います。

 

私は40歳代に知人と4人でお酒を飲んでいる時に、

急に目の前が真っ暗になり、

脈が徐脈になって来たまでは、 感じたのですが、

その後意識不明になり、痙攣したそうで、

周りの人達はその光景に吃驚して、

一人は何度も嘔吐したそうです。

私は意識が戻った時は床に倒れていました。

しかし、その時の恍惚感といい、

周りの景色の色が 鮮やかでこの世のものではない

と直感しました。

今思えば、この時に大量のβエンドルフィンが分泌されて、

危機から逃れられたのかなと思っています。

 

その後の人生において、このような

素晴らしい恍惚感は得られてはいません。

今度得られる時は、人生の終焉を迎えた時でしょう。

 

平成28年5月17日  院長 藤田泰志