さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!

肥満と脳の関係

肥満と脳の関係

 

様々な統計から、肥満と脳の容積には、相関関係があるらしいと言う事が解りました。

 

1) 脳はいつまでも成長し続ける

 

大人になってから勉強をしても、もう脳の発達は止まっているし、無駄なのではないか。そう考えたことのある人もいるかもしれませんが、実はそんなことはありません。脳のあらゆる細胞は、年齢に応じて右肩下がりで減っていきます。

しかし、いつも新しい細胞を生み出している場所があります。それが「海馬です。

海馬は首の裏側あたりの、ちょっと奥まったところにある小指ほどの大きさの器官です。私たちの記憶を担当しています。

 

従来、脳細胞は、生まれたときをピークに減り続けていくと考えられていたのですが、最新の脳医学研究から、 「海馬だけは、脳細胞を新しく生み出している」ということがわかりました。

大人であっても、脳(海馬)の細胞は日々、新生されているのです。ですから私たち大人に求められる脳との「付き合い方」は、今ある脳の老化を防ぎ、成長を促すことだとわかります。

たとえば子どもと睡眠に関する調査では、睡眠不足はそれだけで、子どもの海馬を萎縮させることが明らかとなりました。

また、690人の男性と、738人の女性を対象とした調査では、男性の肥満が海馬の体積に悪影響を与えている」ということがわかりました(女性の肥満においては、そこまでの関連性は読み取ることができませんでした)。

男性の皆さんは「太ると脳に悪い」ということを覚えておきましょう。

 

2)「勉強好き」な人の脳は老化しにくい

 

勉強好きな人の脳は、なかなか老けることがありません。約400人を対象に8年間にわたって行った私たちの調査では、「知的好奇心」の高い人ほど、認知機能を担当する「側頭頭頂部」の萎縮が少ないことがわかっています。

知的好奇心」とは、知りたい、学びたい、達成したいといった気持ちのことです。

勉強、仕事、ボランティア、趣味などにイキイキと取り組んでいる人ほど、脳は若く保たれていたのです。「脳」への栄養は、知的好奇心なのです。

 

やはり、男性にとっては高齢になっても、仕事が大事なことはよく理解されたと思います。特に知的好奇心こそ、脳の衰えを遅らせますので、パソコン、スマホは苦手と言わないで、使うようにしましょう、そうすれば世界と通じ合い、いろんな興味が湧いてくると思います。

 

30年8月10日   院長   藤田泰志