さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
> > 人生の岐路に立った時

人生の岐路に立った時

人生の岐路に立った時

人は、重大な人生の岐路に立たされた時に、いろんな進むべき道があったとしたら、一番安全な道を歩みたがるものである。けっして、困難で過酷で危険な道は選ばないものである。

そして、自分がクリアーしやすい道を選んでしまうことだろう。ところが、こういう安易な道を選ぶと、不思議なもので最悪な結果になりやすいものである。

特に、複雑な人間関係を克服しなくちゃならないというような道を選ばずに避けてしまうと、益々人間関係がこじれてしまうものである。

つまり、嫌な縁を避けるような道を選ぶと、上手く行かないことが多いのだ。そして、不思議なことに、さらに嫌な縁とつながってしまうのである。

 

実はそんな経験を自分も、恥ずかしながらも沢山積んできたのである。仕事においても家庭においても、そして地域活動の場合も、同じような失敗を沢山積み重ねてきたのだ。面倒くさい方法や自分にとって辛くて大変なプロセスを嫌がり、安易な方法を選択した時ほど、大変な失敗をしてしまったのだ。または、自分の評価や大きな利益を優先して、進む道を選択した時ほど、大きな失敗をして、深く後悔している。さらには、縁というものをないがしろにして、関係性を無視したような選択をした時も、結果として不幸な目に遭ってきたのです。

 

人生の過程において、過酷で困難な岐路を選ぶことは、勇気のいることである。

困難な道のほうが、やがては成功するだろうとおぼろげに解っていても、やはり安易で楽な道をついつい選んでしまうのが常であろう。例えば登山をする時に、ロープウェイやリフトを使う簡易な登山道と、自分の足だけで大変な労苦と時間を要する登山道のどちらかを選ぶ際、たいていはロープウェイが使える登山道を選ぶであろう。しかし自分の足だけで登る登山道を選び、また、鎖場や岩場が続く登山道を好んで選択したら、結果として山頂に立った時の充実感が違うと思います。汗をかきかき苦労して登り切った時の達成感は、安易な道の数倍も感じられることでしょう。

人生においても、苦労して達成した結果は、自分に大きな喜びを与えてくれるだろうし、多大な自己成長も実現させてくれるに違いない。

私も引退して2年程ゆっくりさせて貰っていましたが、働いていないと先ず曜日が解らなくなってきます。それから社会と断絶して疎外感が心に湧いてきて憂鬱な気分になってきます。

 

猫の愛護団体さんからもう一度野良猫の不妊手術をしてもらえないでしょうかという話があった時に1日だけ夫婦で相談してさくらねこ動物病院を開院することに決めました。年金生活でストレスもなく食べていけるのですが、映画夢の香りの中でのアルパチーノの言葉で人生の岐路に立った時どちらが正しいかすぐ解かった!!でもその道は選ばなかった。何故ならその道はhardである。という言葉を思い出して、ストレスがかかる今を選びました。お陰で、曜日が解らないことも無くなったし、疎外感から解放されました。

 

今後は体力、気力と相談しながら、できる限り社会貢献をしていきたいと考えています。

 

 

 30年1月10日  院長 藤田 泰志