さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
> > ダニング=クルーガー効果

ダニング=クルーガー効果

ダニング=クルーガー効果

「能力の低い人ほど根拠のない自信に満ちている」「知識や技能が低い人ほど自己評価が高い」という説があります。

 

未熟な、能力の低い人が、自らの容姿や発言や行動などを、実際よりも高く評価してしまう認知バイアス。自己の「愚かしさ」を認識する、メタ認知(公正かつ冷静な振り返り)が出来ない事で生じる。これをダニングクルーガー効果というらしい。見渡せば周りに必ずいるはずですよ。

 

ダニングが行ったひとつの調査は、物理、生物、政治、地理の4つの領域で使用される概念について、知っているかどうかを調査対象者に尋ねるものだった。

そこには「求心力」「光子」といった本物の概念に混じって、「視差板」「超脂質」などのデタラメな概念も9個含まれていたが、約90%の人がその架空の概念のうち、少なくともひとつを知っている、聞いたことがあると回答したという。

それも、一般的に物知りであるという自己評価の高い人ほど、架空の概念を知っていると答える傾向があった研究論文では、ある特定のスキルに関して、能力のない人は、「自らのスキルの欠如」、「他者の本物のスキル」、「自らのスキル不足の程度」が認識出来ないと言う。

これは、ある意味当然である。例を挙げれば自分が文法をどの程度知っているかを認識するには、その文法に精通している必要があり、能力のない人にはそもそもそれが無いので、自分の能力も客観的に判断出来ないのは、誰でも分かるだろう。

しかし、驚くべき事に能力がない事で人はうろたえたり困惑したりせず、むしろ不適当な程の自信に満ちあふれていると言う。

また、テストで不可や落第点を取る大学生は自分の答案はもっと高い点数に値すると考える傾向があり、また実力の劣るチェスやブリッジのプレーヤー、医学生、そして運転免許証の更新に臨む高齢者ほど、自分の力を過大評価する事も分かった。

論文著者は、こうした現象は無知というより、誤った情報や知識に起因すると考えるようになったと言う。

 

どんな人間も万能ではない。多かれ少なかれ、誰もが何かの領域では能力が劣り、自分をメタ認知できず、過大評価してしまうワナに陥る可能性がある。

情報過多の現代社会において、こうしたダニング=クルーガー効果の罠に陥らない為には、どうすれば良いか?ダニングは、

  1. 常に自分の中に、「あえて反論するもう一人の自分」を持つこと
  2. 自分は間違っていないかを自問すること
  3. 知らないことは「知らない」と認めること
  4. 失敗は成功への道筋だと知ること

と述べている。

 

周りにいる自信に満ちた人の立ち居振る舞いの真贋を見極める眼力を身につけないと、簡単に性善説の立場をとることが出来ないですね。

日本には「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と言う諺があります。(稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということ。)これが真贋を見極めるフィルターになるのかもしれないですね。

 

2017年4月10日  院長 藤田泰志