さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
> > 無事これ名馬なり。

無事これ名馬なり。

無事これ名馬なり。

競馬の騎手武豊さんの言葉を借りると、名馬の定義は

人それぞれです。僕たち騎手にとっての名馬とは、

走るたびに優勝する馬のこと。

 

しかし、馬券を買う人……なかでも穴党にとっては、

高配当を運ぶ馬こそが名馬なのかもしれません。

そして、馬主さんにとっての名馬といえば、やはり

怪我なく、無事に走ってくれる馬のことでしょう。

 

馬主でもあった文豪・菊池寛氏が、競馬雑誌『優駿』に

寄せた随筆……「馬主にとつては、少しぐらゐ素質の秀でてゐるといふことよりも、常に無事であつてくれることが望ましい。

『無事之名馬』の所以である」という言葉には、

なるほどとうなずけますし、いまこの言葉は

競馬の枠を飛び越え、すべてのアスリートにとって

賞賛に値する金言となっています。

  

無事之名馬・・・真っ先に僕が思い出すのは、

ステイゴールドの名前です。

 

2歳でデビューした彼は、以降引退するまでの5年間で

50走もした、まさに、競馬界の鉄人でした。

4度のGIを含め、2着が12回もあったことから、

シルバーコレクター”といわれましたが、それも

彼のファンが親愛の情を込めて名づけた呼称でした。

 

僕が彼とコンビを組んだのは6度。

その中のひとつに、歴史的な勝利となった01年3月の

GII「ドバイシーマクラシック」(芝2400m)があります。

 

しかし、彼を名馬たらしめたのは、なんといっても50走目

となったラストラン……01年12月16日に行なわれた

GI「香港ヴァーズ」(芝2400m)でしょう。

直線入口では、先頭を走るエクラーまで10馬身差。

普通なら逆転は難しいところですが、

この日のステイゴールドは、ディープインパクトも

驚くような走りを見せてくれたのです。

 

私も少しばかり競馬をかじっていましたので、

無事これ名馬で思い出すのはやはりステイゴールドですね、

香港のG1で優勝した時は涙が出ました。

 

1998年秋の天皇賞で骨折し安楽死された、

影をも踏ませない天才逃げ馬サイレンススズカ

どうしても対比してしまいます。

 

最近は若い動物病院の先生たちも多忙で体調を崩して、

休業したり辞められたりしてますが、

健康は自分で作り出すものです。

 

私の場合は貝原益軒の養生訓を参考にさせて頂いて、

子供の頃身体が弱かったのですが、

成人してから大病を患ったことはありません。

 

今年は古希(数え年)を迎えますが、

血圧も正常で生活習慣病もなく血液検査も

異常ありませんので、もう暫く旅を続けたいと

思っております。

 

2017年1月10日     院長 藤田泰志