さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!

腸内フローラ

腸内フローラ

 腸内フローラは、最近ちょくちょく耳にするようになってきた言葉です。フローラとはお花畑という意味で、腸内フローラとは、まるでお花畑のようにみえる腸の中の腸内細菌の生態系全体のことをさすそうです。細菌は体の様々な場所にいますが、腸内細菌は100兆以上いるといわれ、とてつもなくたくさんいるのですね。

 

腸内細菌が身体に影響を及ぼすものの一つが腸内細菌から排出される物質です。この排出物質によって様々なことが起きているといいます。
 まずは肥満に関しての影響です。腸内細菌の専門家 ワシントン大学 ジェフェリーゴードン氏の実験によると、太った人からとった腸内細菌と痩せている人からとった腸内細菌をそれぞれマウスに移植させたところ、痩せた人の腸内細菌をもったマウスは体重に変化は見られなかったが、太った人の腸内細菌をもったマウスは、どんどん太っていったといいます。これは太った人の腸の中でバクテロイデスという菌が少なくなっていたことが原因でした。腸内細菌は、人が食べたものを栄養にして生きています。その時、様々な物質を排出します。この腸内細菌から排出される物質が人には重要だということが分かってきました。バクテロイデスからは短鎖脂肪酸が排出されます。短鎖脂肪酸は血液を通して体全体をわたり、脂肪細胞に働きかけ余分な脂肪を取り込まないようにします。さらに筋肉に脂肪を燃やすよう働きかけます。これで肥満を防いでいるということでした。短鎖脂肪酸以外にも細菌が排出する物質は様々発見されており、その物質が老化予防、糖尿病予防、アレルギー予防などをもたらすといいます。

 

アメリカでは腸内フローラによる糖尿病治療の研究が行われています。糖尿病はインスリンの分泌が悪くなる病です。これには短鎖脂肪酸が関係していることが分かってきたそうです。短鎖脂肪酸が減るとインスリンの分泌も減るといいます。そこで短鎖脂肪酸を作る細菌を増やすためにブルーベリー由来のポリフェノール、穀物由来の食物繊維を配合した薬が開発されました。臨床試験ではこの薬によってインスリンの分泌量が増えました。糖尿病治療は腸内フローラによって大きく進歩すると言われています。

 

がん研有明病院では、がんを引き起こす腸内細菌が発見されました。この腸内細菌は新種の腸内細菌だったのでアリアケ菌と命名されました。アリアケ菌が排出する物質DCAががんの原因物質と言われます。大腸がんをはじめ、前立腺がん、乳がん、肝がんなどの発症原因になると考えられるそうです。さらにアリアケ菌は肥満になると増えることもわかりました。つまり肥満ががんを誘発する原因の一つだということが解明されました。

 

私は過食によって活性酸素が増加して癌になるのではないかと思っていましたが、間違っていたみたいですね。

私も腸が弱かったので学生時代から腸内細菌叢には興味を持っていましたが、当時予測された、癌との相関がやっと実証されましたね。

うつ病との関係も示唆され、腸内細菌叢の状態が人生を左右すると言っても過言ではないようですね。

 

 

2016年9月10日

院長  藤田泰志