さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
> 病院ブログ
rss

件数:34

人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)

人間万事塞翁が馬とは次の故事に基づくと昔、漢文の授業で習いました。

昔、中国北方の塞(とりで)近くに住む占いの巧みな老人(塞翁)の馬が、胡の地方に逃げ、人々が気の毒がると、老人は「そのうちに福が来る」と言った。

やがて、その馬は胡の駿馬を連れて戻ってきた。

人々が祝うと、今度は「これは不幸の元になるだろう」と言った。

すると胡の馬に乗った老人の息子は、落馬して足の骨を折ってしまった。

人々がそれを見舞うと、老人は「これが幸福の基になるだろう」と言った。

一年後、胡軍が攻め込んできて戦争となり若者たちはほとんどが戦死した。

しかし足を折った老人の息子は、兵役を免れたため、戦死しなくて済んだという故事に基づく。

 

例えば不運なことが合った場合、

「塞翁が馬というから、気を取り直してがんばろう」 といった感じで励ましたり、

反対に、幸運なことでも

「塞翁が馬の話もあるので、油断しないでおこう」 と戒めることもできます。

 

 

現実にも

・良い企業に就職できたが仕事が合わなく大変な思いをする

・新車が手に入って喜んだら事故を起こした

反対に

・第一志望の学校に落ちたが、 仕方なく行った第二志望の学校が思いのほか楽しかった

・入院したのをきっかけに自分の時間を持つことができた

・パソコンにウイルスが感染したが、駆除したらスキルアップできた。

など、良いことがきっかけで悪いことが起きる

悪いことがきっかけで良いことが起こる

というのは、おそらく誰の人生にもあることでしょう。

生きていけばいくほど 実感を伴うようになることわざです。

逆境に陥ってもそれを逆用するぐらいにする、

物事が順調に進んでも油断しない、

いろいろなことに一喜一憂や右往左往しない

どっしりとした人生を過ごすためにも

塞翁が馬を座右の銘にするのもいいですね。

 

 

      6月10日  院長  藤田 泰志

ツイていない人はなぜ、ツイていないのか「六方思考」

いやあ参りました。

齢をかさねても、自分は知っているつもりが知らない事だらけ、恥ずかしい限りですね。

こんなサイトを見つけました。

 

努力だけで成功はつかめない。

ツキや運も必要だ。

多くの人がそう感じているはずです。

しかし、同時にツキや運は偶然の産物だと思い込んではいないでしょうか。

実は、そう思い込んでいる限り、ツキや運を引き寄せることはできません。では、どうすればツキや運に恵まれるでしょう。

 

答えは単純明快。常に「自分はツイてる」と思う、ただそれだけ。

私はツイてる」と考えることを習慣づければいいわけです。

逆に「自分はツイてない」と思ったり、他人の幸運をうらやむことが常態化すると、ツキに見放されてしまいます。

なぜならば、そもそも人間の脳の仕組み、感情の動きがそのようにできているからです。

 

何かしらの幸運があって「ツイてるぞ」と思ったとき、脳は「」状態になり、プラス思考が働き、「」を増幅しようとします。もともと脳は、新しいことや楽しいことが大好きですから、「」状態にある人はどんどん意欲的になります。いろいろなアイデアも浮かびますし、多少の困難があっても苦にせず、積極的にそれを行動に移そうとします。

 

逆に、嫌なことがあって「ツイてないな」と思うと、脳は「不快」状態になり、マイナス思考が働き、物事を悪いほうへ悪いほうへと考えがちです。このマイナス思考こそが、ツキに見放される最大の原因です。

 

つまり、ツキを呼ぶ大原則は「自分はツイてる」と脳を錯覚させて「快」状態に保つことなのです。

困難な課題に直面したとき、それでも「ツイてる」「楽しい」と思えるかどうか。

100人いれば、恐らく99人は「それは無理だ」と答えるでしょう。

しかし「無理だ」と思った途端、脳は困難の克服を目指して考えることをやめてしまいます。

根拠や自信がなくても構わない。とにかく「できる」と思うことが、困難を克服する第一歩です。

根拠のない自信は錯覚のようなものですが、人はある面、脳の錯覚で生かされています。

 

例えば、たいていの人は「自分は他者の平均より優れている」と無意識に思っています。

心理学でいう「優越の錯覚」です。「平均より優れている」といっても、平均がどのレベルなのかは曖昧ですから、これはいわば根拠のない自信。しかし、人は優越の錯覚により、自分の可能性を信じて目標に向かうことができると考えられています。

 

人は、とかく自分を軸にものを考えがちです。

「自分がいて家族がいる」

「自分がいてお客様がいる」

「自分がいて上司がいる」……という具合に、

自己中心的な捉え方をします。

これを一方思考と呼びます。

 

 

六方思考では、これを逆転させます。

「家族がいて、自分がある」

「お客様がいて、自分がある」

「上司がいて、自分がある」……

釈迦の六方拝は、人は周りに生かされているのだから、そのことに感謝し、東西南北と天地の六方に拝礼しなさいという教えです。

世の成功者が100人に1人だとすれば、

その人たちに共通するのが六方思考。

すなわち、周りの人それぞれの立場から

自分を捉えて、どう対処するかを

考えられる多重思考なのです。

 

お釈迦様が教える「六方拝」は、

「東・西・南・北」と「天・地」の六方、

すべてに感謝しなさいというものです。


「東に向かい、自分を生んでくれた両親、祖父母先祖に感謝しなさい」
「西に向かい、家族に感謝しなさい」
「南に向かい、お世話になった師に感謝しなさい」
「北に向かい、友人や知人に感謝しなさい
そして、
「命を守ってくれる天と、命を育んでくれる地に感謝しなさい」

 

     2017年5月10日  院長 藤田泰志

ダニング=クルーガー効果

「能力の低い人ほど根拠のない自信に満ちている」「知識や技能が低い人ほど自己評価が高い」という説があります。

 

未熟な、能力の低い人が、自らの容姿や発言や行動などを、実際よりも高く評価してしまう認知バイアス。自己の「愚かしさ」を認識する、メタ認知(公正かつ冷静な振り返り)が出来ない事で生じる。これをダニングクルーガー効果というらしい。見渡せば周りに必ずいるはずですよ。

 

ダニングが行ったひとつの調査は、物理、生物、政治、地理の4つの領域で使用される概念について、知っているかどうかを調査対象者に尋ねるものだった。

そこには「求心力」「光子」といった本物の概念に混じって、「視差板」「超脂質」などのデタラメな概念も9個含まれていたが、約90%の人がその架空の概念のうち、少なくともひとつを知っている、聞いたことがあると回答したという。

それも、一般的に物知りであるという自己評価の高い人ほど、架空の概念を知っていると答える傾向があった研究論文では、ある特定のスキルに関して、能力のない人は、「自らのスキルの欠如」、「他者の本物のスキル」、「自らのスキル不足の程度」が認識出来ないと言う。

これは、ある意味当然である。例を挙げれば自分が文法をどの程度知っているかを認識するには、その文法に精通している必要があり、能力のない人にはそもそもそれが無いので、自分の能力も客観的に判断出来ないのは、誰でも分かるだろう。

しかし、驚くべき事に能力がない事で人はうろたえたり困惑したりせず、むしろ不適当な程の自信に満ちあふれていると言う。

また、テストで不可や落第点を取る大学生は自分の答案はもっと高い点数に値すると考える傾向があり、また実力の劣るチェスやブリッジのプレーヤー、医学生、そして運転免許証の更新に臨む高齢者ほど、自分の力を過大評価する事も分かった。

論文著者は、こうした現象は無知というより、誤った情報や知識に起因すると考えるようになったと言う。

 

どんな人間も万能ではない。多かれ少なかれ、誰もが何かの領域では能力が劣り、自分をメタ認知できず、過大評価してしまうワナに陥る可能性がある。

情報過多の現代社会において、こうしたダニング=クルーガー効果の罠に陥らない為には、どうすれば良いか?ダニングは、

  1. 常に自分の中に、「あえて反論するもう一人の自分」を持つこと
  2. 自分は間違っていないかを自問すること
  3. 知らないことは「知らない」と認めること
  4. 失敗は成功への道筋だと知ること

と述べている。

 

周りにいる自信に満ちた人の立ち居振る舞いの真贋を見極める眼力を身につけないと、簡単に性善説の立場をとることが出来ないですね。

日本には「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と言う諺があります。(稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということ。)これが真贋を見極めるフィルターになるのかもしれないですね。

 

2017年4月10日  院長 藤田泰志

『3年目を迎えることが出来ました!』

今年の4月で「さくらねこ動物病院」も開院から2年を経過し、3年目を迎えることが出来ました。

                  

私にとってこの季節は感慨をもって迎え、1年の節目に人生階段の踊り場に立って、来し方を振り返る大切な時空です。                                                                     

このところの忙しさに追いまくられ、じっくり振り返ることも無く過ぎる時間の合間に、あるいは慣れた手術の最中に思いつくことを書き連ね、哲学者を倣って発信を重ねるブログも、好々爺の楽しい日常として皆さんに読んで貰えるのが、私の密かな喜びの一つです。    

                      

一年の大方を報告いたしますと、不妊去勢手術を施した「さくらねこ」の数は、ますます増加傾向で、このところは鹿児島、沖縄を除く九州全土から、更には山口からも依頼が届くあり様で、感謝の極みであります。

 

人のもつ倫理観と善意の気持ちを汲むほどに背中を押されて、あっちこっちが痛い、きついと言いながらも老体を労わりながらお世話になった恩返しをと、社会貢献に務めています。一方で枯れてもよさそうな手術技術は、熟達の埋没法と予後ケアが冴え、「匠」に近づくような錯覚と自己満足を覚える程で・・・・・老骨に鞭打って、いま少しお役立ちを続けたいと思います。

                                  

年齢を重ねるにつれ、誰と一緒に、何処で時間を過ごすかということの重要さが身に沁みて分かるようになります。

一緒にいると嫌な思いをする人と長い時間を過ごせば気がめいるし、自己嫌悪に陥ったりもします。

そしてその気分は、その人と別れた後まで残ったりもします。

一緒にいるべきでない人と近い間柄でいなくてはならないのは、長年の知り合いだから、幼なじみだから、などの他に、うまくやっていくのが難しい相手だと分かったときには、すでに友達になっていて、でも、罪悪感があって突き放せないといった義務感があったりするのです。

 

時に、批判されたり、必要としていないアドバイスを貰ったりして、気分を沈ませてしまいます。

いくら長年の知り合いでも家族でも、嫌な気分にさせられる人たちとは距離を置いて構わない、と言い切れる年代になりました。

 

 

話は変わりますが、ゲノム解析から分かってきたことで、ネコと人の関わりの初めは、人は、ネコを飼うことで穀物を食い荒らすネズミを退治することができ、ネコを喜んで迎えるようになった。

そしておそらく、人はネコに対して報酬としてエサを与える行動をとってきたのではないかと考えると、人によるこうした行為を通じて単独行動を好んできたネコは、人と一緒に生活をするようになったのでしょう。

そして時代の経過につれて従順なネコを選別し続け、更に人の都合であれこれとお節介も重ねているのです。

共存という麗しい言葉で折り合いのつく世界を求めて・・・・・・。       

ネコの行動を観察しながら思う・・・・・。

自分と他人の間に境界線を引く方法を知り、自分を大切にする生き方ができる今は、ある種の幸せを解放感とともに楽しんでいられます。

 

私たちは、誰かが一緒にいてくれた方が、一人でいるよりましだと思ってしまう。

でも、どう考えてもそれは真実ではないと思ってしまいます。

一人でいる時間があっても良いはずで、読書をしたり、ゆっくりお風呂に入ったり、運動をしたり、瞑想をしたり、ネコと遊んだり、何でも一人でしたいことをすれば良いと思います。

自分のための貴重な時間を持ちましょう。

その上で、自分が一緒に過ごすべきだと思う相手に対しては、気持ちを向けて生きることが幸せだと思う・・・・

それが「さくらねこ」への思いであるように。                                                    

 

 

平成29年4月1日 さくらねこ動物病院 院長  藤田泰志

嫌われる勇気

アルフレッドアドラーは、

フロイト、ユングに並ぶ心理学者であり、

最近まであまり注目されていませんでしたが、

嫌われる勇気」という本が紹介されて

見直されるようになりました。

 

アドラー心理学の特徴は、

すべての悩みは対人関係の悩みである

した上で、フロイト的な原因論を根底から覆す

目的論」の立場をとるところにある。


たとえば、「子どものころに虐待を受けたから、

社会でうまくやっていけない」と考えるのが

フロイト的な原因論であるのに対し、

アドラー的な目的論では

社会に出て他者と関係を築きたくないから、

子どものころに虐待を受けた記憶を持ち出す」と考える。

つまりアドラーによれば、

人は過去の「原因」によって突き動かされるのではなく、

いまの「目的」に沿って生きている。

 

こうしてトラウマを否定するアドラーは、

人生(生き方)とはいつでも選択可能なものであり、

過去にどんなつらいことがあったとしても、

これからどう生きるかには関係がない、と唱えた。

 

人は変われないのではなく、ただ「変わらない」という

決心を下しているに過ぎない。

いま幸せを実感できない人に足りないのは、

能力でもないし、お金でもないし、

恵まれた環境でもない。

変わること(幸せになること)に伴う

勇気」が足りないのだ。

それがアドラーの主張だった。

 

アドラー心理学では、わたしたちの行動は、

その人の意志による目的があってそうしていると考えます。

これは、過去に経験したことがいまの行動の原因である、

という考え方とはちがいますね。

たとえその行動が自分の望まないものであっても、

その人の意志であると考えます。

 

結婚しない女性は、結婚できないのではなくて

結婚しないほうが都合が良いので結婚しないと

言う事になります。

 

アルフレッドアドラーの名言

「やる気がなくなった」のではない。

「やる気をなくす」という決断を自分でしただけだ。

「変われない」のではない。

「変わらない」という決断を自分でしているだけだ。

人生が困難なのではない。

あなたが人生を困難にしているのだ。

人生はきわめてシンプルである。

できない自分を責めている限り、

永遠に幸せにはなれないだろう。

今の自分を認める勇気を持つ者だけが、

本当に強い人間になれるのだ。

苦しみから抜け出す方法はたった1つ。

他の人を喜ばせることだ。

「自分に何ができるか」を考え、

それを実行すればよい。

 

最近、高校の卒業アルバムを見ていると、

ある先生の贈る言葉に

Be True Be Pure Be Strong Be Brave

と書いてありましたが、勇敢たれ!!と

最後に書いてあるのが、興味深かったですね。

 

2017年 3月10日

院長    藤田泰志

天中殺

天中殺:「てんちゅうさつ」とは、算命学で提唱されている運命論のひとつです。同じ考え方は他の占いでもあり、四柱推命では「空亡:くうぼう」、六星占星術では「大殺界:だいさっかい」とよばれています。

どれも言い方が違うだけで同じものだそうです。

 

これは、12年に2年、12ヶ月に2ヶ月、12日に2日、12時間のうち2時間誰にでも訪れます。

この時期はトラブルが起きやすい時期で、人生の中でなにか新しいことを起こすと、良い結果が生まれないとされます。

目に見える活動には、「天が味方してくれない時期」、しかし天界の蓋がないので、「無形(精神的世界)の世界と縁を作ると良い運気」らしい。

 

私の天中殺は12月と1月になっており、毎年身構えてしまいます。

30代、40代の時は、サプリメントの効果があり、あまり病気したことがありませんでしたが、ここ10年くらい遡ってみると、8年前の12月に「帯状疱疹」、翌年の1月15日に「耳石症」になり、朝起きたら天井がグルグル回って嘔吐して何事かと思いました。

 

動物病院を引退した4年前の12月は、頭の皮膚がビリビリ痛んで、MRI撮っても、脳には異常がなく、結局、「後頭神経痛」という病気でしたし、2年前の12月には風邪をひいて20数年ぶりに38度以上の発熱で、5日間ほど点滴に通いました。

 

昨年の1月19日にはまた「耳石症」になり、右側に向いて寝るとグルグル眼が回り、往生しました。

まあ偶然かもしれませんが、私の場合は12月と1月は特に気を付けていましたが、過去にはよく病気しました。

 

昨年12月は、我が家の24歳の猫が体調を崩し、ずっと点滴をして、何とか正月を越せましたが、1月16日に他界しました。体重は1kg未満になり、刀折れ、矢尽きても死神と戦い頑張っていましたが、大往生だったと思います。悲しみに打ちひしがれていた時に、翌週の23日に姪から連絡があり15歳違いの兄が急逝しました。前日まで特に普段と変わりなかったそうで、吃驚しました。

 

今年は何とか病気はしませんでしたが、我が家の猫が亡くなり、兄も亡くなり、これも「天中殺」のせいかなと思っております。

これでまた悲しみを積み重ねたので、猫さんに今まで以上に優しくなれるかな。

 

 2月10日  院長 藤田泰志

無事これ名馬なり。

競馬の騎手武豊さんの言葉を借りると、名馬の定義は

人それぞれです。僕たち騎手にとっての名馬とは、

走るたびに優勝する馬のこと。

 

しかし、馬券を買う人……なかでも穴党にとっては、

高配当を運ぶ馬こそが名馬なのかもしれません。

そして、馬主さんにとっての名馬といえば、やはり

怪我なく、無事に走ってくれる馬のことでしょう。

 

馬主でもあった文豪・菊池寛氏が、競馬雑誌『優駿』に

寄せた随筆……「馬主にとつては、少しぐらゐ素質の秀でてゐるといふことよりも、常に無事であつてくれることが望ましい。

『無事之名馬』の所以である」という言葉には、

なるほどとうなずけますし、いまこの言葉は

競馬の枠を飛び越え、すべてのアスリートにとって

賞賛に値する金言となっています。

  

無事之名馬・・・真っ先に僕が思い出すのは、

ステイゴールドの名前です。

 

2歳でデビューした彼は、以降引退するまでの5年間で

50走もした、まさに、競馬界の鉄人でした。

4度のGIを含め、2着が12回もあったことから、

シルバーコレクター”といわれましたが、それも

彼のファンが親愛の情を込めて名づけた呼称でした。

 

僕が彼とコンビを組んだのは6度。

その中のひとつに、歴史的な勝利となった01年3月の

GII「ドバイシーマクラシック」(芝2400m)があります。

 

しかし、彼を名馬たらしめたのは、なんといっても50走目

となったラストラン……01年12月16日に行なわれた

GI「香港ヴァーズ」(芝2400m)でしょう。

直線入口では、先頭を走るエクラーまで10馬身差。

普通なら逆転は難しいところですが、

この日のステイゴールドは、ディープインパクトも

驚くような走りを見せてくれたのです。

 

私も少しばかり競馬をかじっていましたので、

無事これ名馬で思い出すのはやはりステイゴールドですね、

香港のG1で優勝した時は涙が出ました。

 

1998年秋の天皇賞で骨折し安楽死された、

影をも踏ませない天才逃げ馬サイレンススズカ

どうしても対比してしまいます。

 

最近は若い動物病院の先生たちも多忙で体調を崩して、

休業したり辞められたりしてますが、

健康は自分で作り出すものです。

 

私の場合は貝原益軒の養生訓を参考にさせて頂いて、

子供の頃身体が弱かったのですが、

成人してから大病を患ったことはありません。

 

今年は古希(数え年)を迎えますが、

血圧も正常で生活習慣病もなく血液検査も

異常ありませんので、もう暫く旅を続けたいと

思っております。

 

2017年1月10日     院長 藤田泰志

ある思考法

昔、「不幸発、幸福行」という本を読みましたが、

色々と為に成る事が書いてありました。

その内、今でも記憶に残ってる思考法があります。

例えば世の女性が求める男性像で「優しい人」いうのがあります。この優しさというのは誰に対してでしょうか?もし、自分に対してだけの優しさだったら、幻想で終ると思います。

 

優しい人は全てに優しいので、他の女性にも優しいし、母親にも優しいと思います。ところがこれに「厳しい」を加えてみると、最高の人物像が見えてきます。

最高の人物は、自分に厳しく他人に優しい人ですが、周りに居るでしょうか?おそらくマザーテレサ、ガンジーみたいな人です。

2番目は自分に厳しく他人にも厳しい人ですが、うるさいけれど自分にも厳しいので、バランスはとれていると思います。

3番目は自分に優しく他人に優しい人ですが、自分にも優しいので、優柔不断で少しだらしがないかもです。

4番目は自分に優しく、他人に厳しい人ですが、これは最低ですね。世間を見渡せば、政治家に多いのではないでしょうか。

ざっくり人間を分析すればこの中に入ると思います。

この思考法を使うと、全てを簡単に分析できます。

例えば外食をする時は序列として(1)安くて美味しい店(2)高くて美味しい店(3)安くて不味い店(4)高くて不味い店の順番になります。

結婚相手としては、(1)性格が良くてイケメン(2)性格が良くて普通の顔(3)性格が悪くてイケメン(4)性格が悪くて普通の顔という風に自分なりに序列をつけて選択すれば、人生の道しるべになると思います。

 

12月10日

院長  藤田泰志

幸運な人

心理学者のリチャード・ワイズマン氏は、なぜ特定の人の運が良いのかを検証するべく、10年にわたる研究を実施しました。

”私の研究で、運が良い人は4つの基本原則に基づいて幸運を生み出していることが明らかになりました。彼らはチャンスを見つけ、自らチャンスを作ることに長けており、直感に従って幸運を呼ぶ判断を下します。物事を前向きに予想することで自らが期待する結果を招き、快活な態度で不運を幸運に変えることもできるのです。

運の一部には思考が大きく作用しているとWiseman氏は説明します。結果として、自分が不運だと考えている人は直感に従って判断を下せないという傾向があります。一方で、運が良いと思っている人は、自分の勘を大切にしてそれに従い、成果を出すことができます。また、Wiseman氏によると不運な人は常に手順を踏みながら行動しますが、反対に幸運な人は人生に多様性を取り入れており、それによって「幸運な」機会との遭遇が増えているのかも知れない、とのこと。

Wiseman氏の研究を見る限り、「幸運とは自分で作り出すもの」なのかもしれませんね。

レオナルドダヴィンチは「幸運の女神には後ろ髪がない」と言っているので、勘を働かして前髪を捕まえないと、あれ、誰か通り過ぎたと思った時はもう遅いのかもしれませんね。

 

11月10日

院長 藤田泰志

11/1(火曜)13:55〜『今日感テレビ』でさくらねこ動物病院を取材いただきました☆彡
殺処分ゼロに向けたさまざまな活動を取り上げてくださるようです