さくらねこ動物病院は、殺処分ゼロ、不幸な猫ゼロを目指す地域猫活動を応援しています!
> 病院ブログ
rss

件数:41

積善(せきぜん)の家に余慶(よけい)あり

中国には数千年も前に書かれた「易経(えききょう)」という本があります。聖人といわれた孔子は、本のとじ紐が三度も切れたほど熟読したと伝えられていますが、その本の中に「積善の家には必ず余慶あり」と書かれています。善いことを積み重ねていると、必ずその人の家にはたくさんの幸せやよろこびごとが起きてくるという意味なのです。

 

善を善(よ)い行いと解釈すると、人に対して親切であったり助けになったりして、相手から感謝されるような行いが「善」であるように思われます。そして、ここで言う人とは家族ではなく他人様を指すもので、「家族以外の人にまでも善意を持った行いをしていれば、それが積み重なって、自分自身の子供や孫の代にいたっても幸福に恵まれる」ということを説いていることになります。

だとすると、もう一方の「積不善の家には必ず余殃(よおう)有り」というのは、「人様に対して善意に欠ける行いをすれば、孫子の代にいたっても災難に遭う」と解釈されます。

 

子孫まで余慶の恩恵を受けても、油断すると「徳切れ」という事象が起きてくるらしい。これは恩恵を当然な事と勘違いして、毎日浪費していくと徳切れが50歳くらいに現れ大病したり、事業が傾いたり、家族が不和になり、運勢が傾いて何事も裏目の人生がやってくるそうです。それではどうしたらいいかというと結局徳を積んで徳切れを避けるしかないし、死を迎えるのは完全に徳切れを起こした時という説もあります。

 

それでは具体的にどうすればいいのでしょう?

 

  • 掃除をする 自宅なら家族や自分が心地よく過ごせるように、職場でも皆がいい気持ちで働けるように、心を込めて丁寧に掃除をしましょう。
  • 匿名で寄付する。寄付をするのも徳積みになりますが、他の人から分かるように寄付をしてしまうと、褒められたりして「いい気分」になり幸福感に積んだ分の徳を使ってしまいます
  • 仕事の技術や知識を磨く。下座行として、今の仕事の技術や知識を磨くことも徳積みになります。ストイックに、その道を極めていきましょう。
  • 目の前の相手を敬う。人と接する時に、目の前のその人を心から敬い、敬意を示すことも徳積みになります。
  • 下心無く相手の喜ぶことをする。「いいことをしてやった」と浮かれないで、本当に皆にとってこれが良いのだろうか? と少し自信がないぐらいが丁度よいです。
  • 天に捧げるイメージで仕事をする。「お客様は神様です」という言葉がかなり誤解されて広まっていますが、本来の意味は、「もしも神様がお客様としてやってきたとしても、恥ずかしくない商品・サービスを提供しましょう」ということなのですね。
  • 祈り。自分のことは置いておいて、周りの人や人類全員が良くなりますように…と天にでも神様にでも良いので祈ってみましょう。

 

そのほか、具体的に様々なことがありますが、利己的ではなく「利他的」なことをすれば徳を積むことになると思います。動物愛護団体の人々、市井の個人で動物愛護している方も徳を積んでいらっしゃると思いますので、疑うことなく前進していきましょう。

 

この方法も一説ですので、信じるか信じないは個人の自由ですが、運が悪いときには、現実的な問題にとらわれすぎず「徳を積むと解決するかもしれない」という発想を持っておくことが大切と思われます。

 

29年12月10日  院長 藤田泰志

運がいい人には4つの特徴がある

運がいい人、あなたの周りにいませんか?

運がいい人には特徴があります。

実際に、運がいい人を並べてみると、共通した要素があるものです。

そんな運がいい人の特徴を4つ、挙げてみました。

ちょっとしたことを意識するだけで、運がいい人に近づけるはずです。

 

「運気を上げるためにすること」といえば、皆さんは何を思いつきますか?たとえばパワースポットと呼ばれる場所へ行く、神社にお参りする、断捨離をする、ラッキーアイテムを身につける、などが挙げられるでしょうか。確かに運がいいと思われる人、いわゆる成功を収めている人の中には、そういった行動を習慣にしている人も多いです。一方で、パワースポットやアイテムを積極的に取り入れずとも、日々をハッピーに過ごしている人がいるのも事実。そこから私が推測したのは、日々の習慣や行動も確かに大事ではあるけれど、それ以前にそういう人たちには何か共通する、メンタル面での要素があるのではないか、ということです。

 

■運がいい人の特徴1.無理して好かれようとしない

まず、運がいいと思われる人にはほぼ共通して、「万人に好かれる必要はない。そもそもそれは不可能」という、人間関係における確固としたスタンスがあります。こう表現するとややドライにきこえるかもしれませんが、自分を好いてくれる人のことはすごく大事にするし、自分がいいな、好きだなと思う人には愛情を注ぐことを惜しまない。一方で、自分のことを嫌いだという人がいるのも当然のことだし、自分の元を去っていく人がいるのも自然なこと。
それに関しては我関せず、というような執着しない精神を持っていて、それがなお、人を惹きつける魅力=人気となっているのです。

■運がいい人の特徴2.付き合う相手を選んでいる

先の内容とリンクしますが、運がいい人は自分の気分や運気を下げるような人とは、意識的に付き合わないようにしている、というのも大切な要素。普段自分が親しく付き合う人というのは本当に重要で、相手の言動や容姿などから受ける影響は、目には見えないものの、メンタルに大きく響いてくるもの。

つまり、自分にとって心地のいい人、話していて気分が良くなる人を選んで付き合い、その人のために時間を使うのを大切にしているということ。

 

■運がいい人の特徴3.過去の出来事にとらわれない

運がいい人というのは、常にタイムラインを現時点に持ってきて、今起こっている事象だけに集中しています。たとえ世間的に見て失敗だと思われるような過去の出来事でも、それを失敗だと捉えず、ただの経験だと考える視座の高さがあり、過去の出来事にいつまでも執着しない。それゆえに今目の前に起こっている現象に集中でき、やってきたチャンスを見逃すことなく上手につかみとることができる。それが運の良さにつながっているというわけです。

 

■運がいい人の特徴4.思い込みが上手

運がいい人というのは大体、自分のことを運がいい人だと思っています。つまり、思い込みを上手に利用しているということ。これはモノの捉え方にもつながりますが、自分のことをラッキーな人間だと思い込めば、自分に起こってくる出来事すべてに、ラッキーな面を見出せるようになります。幸運を見つける能力に長けているということは、幸運な出来事を人よりも多くカウントできるということ。

 

 

私もこの齢になっても、まだ僥倖を願っているのですが、お釈迦様はこの世の苦の原因は「渇愛」と言われました。修業が足りないせいなのか、欲をコントロールするのは難しいものです。

 

29年11月10日  院長 藤田泰志

 

孤独こそ最強の生き方

私達夫婦には子供がおりませんので、いつかどちらかが一人暮らしになります。

色々想いを巡らせているときに下記のサイトを見つけました。

 

「孤独」「ぼっち」という言葉に、多くの人はネガティブな印象を持っていると思います。

しかし私は最近、孤独こそ最強の生き方ではないかと思っています。

実際、クリエイティブな人は、孤独を創造の源にしていますし、ハイパフォーマーな人たちもやはり孤独を自分のエネルギー源にしています。そして何より、孤独の中で自分と向き合うことで、自分の感情を意のままに操れるようになるからです。

 

そうなれば、不安や悩みも自己消化できるし、出来事への捉え方を変え、幸せを感じられます。

つまり心の強さを高めるには、必ず孤独の時間が必要なのです。

多くの人は、自由を求めていると思います。

では、自由とは何か?

それは、何からも誰からも制約を受けず、

自分の意のままに生きることと言えるでしょう。

何かに縛られてがんじがらめになっている状態より、

自分の好きなように生きられるほうが良いはずです。

そんな自由を得たいならば、

そこには必ず孤独がつきまといます。

 

たとえば田舎の集落で暮らせば、地元の人間関係風習にある程度従わなければなりません。

その代わり、農作物を融通しあったり、互助的な生活が送れます。

一方、都会にはそのようなしがらみはほとんどありません。

賃貸マンションや賃貸アパートに住んでいれば、隣の人を知らないし知る機会すらないと感じる人も少なくないと思います。

風習や習慣もない。だから誰にも縛られない。これは自由です。

 

ひとりはそんなに悪いことなのか?

 

便所飯」や「ランチタイム症候群」という言葉が話題になるほど、多くの人はひとりで食事するのを恐れます

いえ、実際には一人で食事をしているところを見られることを恐れているのです。

それはなぜかというと、自分の中に「孤独なのはみじめ、ひとりは寂しい」という思い込みがあるため、「自分は寂しい人間なのだと思われているのではないか」という妄想に苦しんでいるわけです。

 

孤独というのはただの状態を指す言葉です。

孤独をみじめに感じるのは、孤独そのものがみじめなわけではなく、「孤独はみじめだ」と思い込んでいる自分の固定観念が原因です。この固定概念は、社会で生きるうちになんとなく刷り込まれてきた、無意識の価値観です。

 

「人間は一人では生きていけない」などとみんなが言うから、孤独な自分を責め、人間関係に悩み、追い詰められる

そんな道徳的な主張に、多くの人は「そうだよね」と同調し、それ以上考えることをやめてしまいます。

しかし、そのような抽象的な言葉こそ、いったん立ち止まって「それ、ほんとう?」と深く考えてみる必要があります。

特に昔の人が言った言葉の中には、現代では通用しなくなっていることも多いからです。

にもかかわらず「孤独はイヤ」「寂しいからイヤ」というのは、思考停止と同義です。

 

たとえば、たしかに小さな赤ちゃんは一人では生きられません。

しかし、大人になればどうでしょうか?

一人で起きられるし、一人で着替えもできる。

一人でお風呂も入れるし、食事もできるでしょう。

 

昔は不作の年は近所で食料を融通しあう必要がありましたが、今ではスーパーコンビニに行けば簡単に手に入るので、暮らしに困ることもありません

 

仕事は一人ではできませんが、求められる成果を出せば問題ないはずで、特に濃厚な付き合いが求められているわけではありません。それに、むやみに他人を攻撃しなければ人間関係が険悪になることもなく、単に誘われないとか、会話の輪に入れないだけ。仮にそうであっても、それが何かの障害になるわけでもない

 

つまり実際には一人でも生きていけるわけで、孤独を恐れる必要はないことがわかります。

 

上記のサイトを読んで、なるほどと思いましたし、「二流は群れを好み、一流は孤独を愛する」とい言葉もありますので、決して孤独はマイナスイメージでもありませんね。高校の卒業アルバムの寄せ書きに「どんなに悲しくても、どんなにさみしくても、どんなに苦しくても私のそばには神様がいて下さる。」と書いてくださった先生がおられましたが、大学時代、友達に受けましたね。

 

2017年10月10日   院長 藤田泰志

血液型と病気

2009年に「A、B、AB型の人はO型に比べ、膵臓(すいぞう)がんになりやすい」。こんな衝撃的な論文を米国国立がん研究所が発表した。

 

約10万人を8年間追跡調査したもので、膵臓がんのなりやすさはO型に比べ、B型は約1.7倍、AB型は約1.5倍、A型は約1.3倍だったそうです。

 

またスウェーデンとデンマークでの共同研究ですが、両国の111万1072例、延べ1360万人を1987年〜2012年の間追跡調査したものです。

 

血液型と静脈および動脈の血栓症発症の関係を検討したところ、血液型O型の群に比べて、非O型の群では静脈および動脈の血栓症発症リスクが高いというものでした。

具体的には妊娠時の静脈血栓は2.22倍、深部静脈血栓症は1.92倍およびそれに基づく肺塞栓症(一般にいわれるエコノミークラス症候群)が1.80倍、それぞれ非O型に多かったという結果でした。

個別の血液型でみるとAB型の人が最も血栓症発症リスクが高いという傾向がありました。

 

<血液型と免疫力>

・一番免疫力が強いのがO型、次いでB型、その次がA型で、最も弱いのがAB型。

これはリンパ球のパーセンテージに関係しているらしく、O型39% B型37% A型36% AB型34%です。・スポーツ選手で一流になるのは、免疫力が強いO型やB型が圧倒的に多い。松井秀喜は O型、イチローはB型。

 

<血液型と食べ物の好み>

・腸内細菌が血液型をつくったらしい。

どんな細菌に影響を受けたかによって異なり、例えばブ タはO型かA型しかおらず、ヒツジはO型かB型である。 ・つまり、人間は血液型によって、食べ物の好みが違ってくる。 食物アレルギーを持っているB型の人がブタ肉を食べると、その人は抗A抗体を持って いるので、体内に入ったA型物質(ブタ肉)により抗体反応を起こす。

人類の祖先であるホモ・サピエンスはO型だった。その一部は東南アジアに行き、農耕民族として定住した。主食は穀物や野菜であり、それらに合う腸内細菌が増えていった。 その腸内細菌がやがて遺伝子に組み込まれ、A型人間ができたと考えられる。 ・他方、インドやネパールに渡った遊牧民族は、乳製品をたくさんとるようになった。そ の過程で乳製品に合う腸内細菌が増え、それが遺伝に影響してB型人間が誕生した。

 

AB型はもっと後になって生まれた血液型。遊牧民族が農耕民族を征服する中でできた。

 

<血液型と病気>

B型の人は肺炎にかかりやすい。肺炎球菌はB型物質を多く持つためであり、同じくB型物質を持つサルモネラ菌により、B型やAB型は食中毒を起こしやすい。

O型は免疫力が強いが、胃酸を多く分泌して肉類を効率よく消化する体質であるため、 ストレスがたまると潰瘍になりやすい。

A 型の人はガンになりやすい。唾液腺のガンはO型に比べて 1.64 倍というデータがある。

・梅毒は、O型の感染率を1とすると、他の血液型の感染率は 1.7。

梅毒によってA型、B型の人種が壊滅的なダメージを受けた歴史がある。

O型が弱い病気は、ペストやコレラなど。古典的なコレラは死亡率が高く、インドで流行した時は多くのO型人間を死亡させた。

・このように、血液型と病気の関係は、民族の構成に大きく関わっているらしい。

色々と検証すると、O型の人が健康で長寿の傾向がありますが、やはり基本は不摂生を避けて規則正しい生活をすることでしょう。

 

因みに私の血液型はO型ですので、検証結果を読んでほくそ笑んだのですが、人より長生きをするということは娑婆の世界の苦しみ、(お釈迦様が述べられた四苦八苦)を甘受しながら、生きていかねばならないので、これはこれで大変なことかもしれません。

 

9月10日  院長  藤田泰志

 

かけた情は水に流し、受けた恩は石に刻め

「かけた情は水に流し、受けた恩は石に刻め」という言葉があり、素晴らしい人生訓だと思っていました。これは、もともと長野県上田市の真言宗叡山派の古刹前山寺の参道脇にある石柱に刻まれた言葉だそうです。

 

しかし、同じような格言が世界中に散らばっているのは偶然でしょか?

恩を受けた人は、その恩を心にとめておかなければならない。しかし、恩を与えた人は、それを覚えているべきではない』 キケロ


『恩恵を施す者はそれを隠せ、恩恵を受くる者はそれを公にせよ』 セネカ


『施して報を願わず、受けて恩を忘れず』 中根東里


『世の中で一番尊いことは、人のために奉仕して恩に着せないことです』 福沢諭吉


『幸福になりたければ、やれ恩を返せだの恩知らずだのと言わないで、人に尽くす喜びだけを生き甲斐にしようではないか』 D・カーネギー


なにも見返りを期待せずになにかいいことをしたとき、心の中がほっとぬくもるかどうか確認しよう。そのぬくもりこそが報酬だと気づくはずだ。』


リチャード・カールソン


本当に愛するとは、 駆け引きでどっちが勝つかなんてことは考えもせずに、相手に何かを与えたいと思うことだ。
 何かしたらお返しがあるはずと考えるのは、人間が未熟な証拠』 レオ・バスカリア

 

人のためにいいことをするのは、いいことでしょう。
それを、「偽善(者)」と言う人がいるかもしれません。
世の中には、そういうことを言う人もいます。そういう人の心の中には、嫉妬や劣等感のようなものがあるのではないでしょうか。


そういうことを言うのは、「相手の問題」と考えて(多少気になっても)苦にしないようにできたら、と思います。
自分で、自分の行為を「偽善ではないか?」「本当は、人のためではなく、自分のためではないか?」
など考えてしまうことがあるかもしれません。

 

人を幸福にすれば、自分が幸福になれる」も、「自分が幸福になるために、人を幸福にする」も、やること(人を幸福にする)と 結果(自分が幸福になれる)は同じです。


 人と自分の両方が幸福になれることは、とてもいいことでしょう。
「偽善?」などと考えずに、「自分が、人のために、いいことをしたければ、すればいい」
 のではないでしょうか。

 

平成29年8月10日  院長 藤田泰志

ある考察

マダニが媒介するウイルスによる感染症が相次ぐ中、去年、50代の女性がウイルスに感染していた疑いのある野良猫に手をかまれ、その後、死亡していたことがわかりました。

国内で動物から人に感染したと見られる事例は初めてで、厚生労働省が注意を呼びかけています。

マダニが媒介するウイルスによる感染症、SFTS=「重症熱性血小板減少症候群」は4年前に国内で初めて確認され、これまでに西日本を中心に266人が発症し、このうち57人が死亡しています。


SFTSは、一般的に人がマダニにかまれることで発症しますが、厚生労働省によりますと、去年の夏、西日本の50代の女性が、弱った野良猫を動物病院に連れて行った際に手をかまれ、およそ10日後にSFTSを発症して死亡したということです。
野良猫は、症状などからマダニが媒介するウイルスに感染していた可能性が高く、動物から人に感染したと見られる事例は国内で初めてだということです。


また、先月以降(6月)、ペットとして飼われている猫や犬がSFTSを発症した事例が確認され、厚生労働省は猫や犬を飼う人や獣医師などに注意を呼びかけています。

 

7月24日に上記のようなニュースが流れ私も最初は衝撃を受けました。しかし冷静になって考えたところ、これだけ多くの野良猫のオペをして猫にダニが付着しているのを見たことがありません(以前付着して落ちたのかもしれませんけど。)。以前福岡市内で動物病院を開設していたころ、夏になるとダニを付けたワンちゃんが診察によく来ていましたが、猫は記憶にありません。

 

そこで不審に思い厚労省のHPを見ても、SFTSウイルスに感染した野良猫から噛まれて女性が亡くなったとは書いてありませんし、そのような事実は明らかではありませんと書いてありました。

7月26日厚労省に電話をしてみました。担当の方は親切な方で、こういう報道になるのを危惧していたので、マスコミの方を集めて一時間ほど勉強会をしたそうです。そこで確実な真実は「犬と猫から、SFTSウイルスの抗体が発見された」ということだそうで、SFTS感染症に似た症状の野良猫が50代の女性を噛んでその後亡くなったのは事実ですが、猫が噛んでそれが原因で亡くなったかどうかの確実な証拠はないそうです。

 

でもこういう報道がなされると、地域猫、野良猫の排除が始まったり、家庭の猫が捨てられたりとベクトルが反対の方向に向かうのが、恐ろしいですね。

原因はマダニ類であって、決して野良猫ではありません。その証拠に厚労省のHPに下記の内容が掲載されています。

 

SFTSウイルスに感染し、発症したネコ及びイヌが報告されました。一般的に動物がSFTSウイルスに感染した場合、多くは症状を示さない不顕性感染すると考えられています。また、国内において、シカ、イノシシ等の野生動物や猟犬の血液を検査したところ、SFTSウイルスに対する抗体を持っている(=過去にSFTSウイルスを保有するマダニに吸血されて、SFTSウイルスに感染したことのある)動物がいることが分かっています。これまでの調査において、地域によって差はありますが、シカで0〜90%(約2,500頭を調査)、イノシシで0〜10%程度(約1200頭を調査)の抗体が検出されています。また、イヌでは0〜15%程度(約1800頭を調査)で抗体が検出されており、ネコでは約450頭中いずれも抗体は検出されませんでした。その他、ある地域のアライグマの28%(約2500頭を調査)、タヌキ、アナグマ、イタチ、ニホンザル、ウサギなどで抗体が検出されています。

 

問35 SFTSウイルスに感染したネコの事例の詳細について教えてください。

  •  
  • SFTSの流行地で飼育ネコ(室内・野外両飼育)が、発熱、消化器症状(食欲消失等)を呈しました。検査所見では、血小板減少(1万/mm3未満)、白血球減少、血清酵素異常(CPKの上昇)などが見られました。血液及び直腸スワブからSFTSウイルスが分離されました。入院2週で回復して4週後に退院しています。回復期にむけて抗体が上昇しました。このネコへのSFTSウイルスの感染様式は不明です。なお、このネコから飼い主や獣医療関係者へのSFTSウイルスの感染拡大は確認されていません。ネコの入院中の取扱はPPE(手袋・防護衣等)により感染予防措置をとり、汚物などは次亜塩素酸ナトリウム含有消毒剤により消毒しています。

上記の猫と、50代の女性を噛んだ猫とは違うのがよくわかります。

 

結論

  • マダニの0〜数パーセントがSFTSウイルスを保有し、吸血により動物が感染するが殆ど不顕性感染となり、発症しない。
  • 犬および飼育猫がSFTSに感染し発病した。(非常に稀な例である。)
  • SFTSらしき症状を示した野良猫に噛まれ50代の女性が亡くなった。(野良猫が噛んだ事と女性が亡くなった事の因果関係は不明である。)
  • イヌ→人 ネコ→人に対する感染の可能性はありますが、現在確実な証拠はありません。

 

 

8月1日  院長 藤田泰志

同じ水でも牛が飲めば乳となり、蛇が飲めば毒となる。

牛が飲む水も、蛇が飲む水も、まったく同じ「」です。

でも水は、牛が飲むと、それは「」になり、蛇が飲めば、それは「」となります。


水そのものには変わりがないのに、使う者によって、全く異なるものになってしまいます。

 

これは色々な物事に当てはまります。「酒は百薬の長」といわれるが、「酒は百毒の元」でもある。酒で身を滅ぼす人が多くなってきている。
そもそも、酒を飲んでいるつもりが、いつの間にか酒に飲まれているなんて事も。
男も女も朝から酒を飲むようになってきた。
アルコールなしで生活できないのでは、酒を飲むために生きているとも言える。

血を分けた兄弟でも、性格も違えば、好みも違う。物の考え方も、全然違う。
こんなことって、意外とよくあるものです。

 飲んだ水は同じでも、乳にする牛もいれば、毒にする蛇もいるのと、同じです。

 

 何かイヤなことがあったとき。
まぁいいや!次にはいいことがきっとある」と切り替える人もいれば、
やっぱり私はダメなのだ」と落ち込む人もいます。

 

 その違いは、考え方かもしれませんが、この考え方や行動を変えるのは、実は、自分次第。

 

 今までの、ものの考え方今までの、思考回路。そのどこかに、自分を苦しくさせるものがあるはずです。

 飲んだ水の消化の仕方を変えることは、決して簡単なことではないけれど。

 この消化の仕方を変えるだけで、暗闇が暗闇ではなくなるかもしれません。

この言葉を30数年前に初めて聞いたときに言いえて妙だと感銘しました。

 

平成29年 7月10日   院長  藤田泰志 

人間万事塞翁が馬(じんかんばんじさいおうがうま)

人間万事塞翁が馬とは次の故事に基づくと昔、漢文の授業で習いました。

昔、中国北方の塞(とりで)近くに住む占いの巧みな老人(塞翁)の馬が、胡の地方に逃げ、人々が気の毒がると、老人は「そのうちに福が来る」と言った。

やがて、その馬は胡の駿馬を連れて戻ってきた。

人々が祝うと、今度は「これは不幸の元になるだろう」と言った。

すると胡の馬に乗った老人の息子は、落馬して足の骨を折ってしまった。

人々がそれを見舞うと、老人は「これが幸福の基になるだろう」と言った。

一年後、胡軍が攻め込んできて戦争となり若者たちはほとんどが戦死した。

しかし足を折った老人の息子は、兵役を免れたため、戦死しなくて済んだという故事に基づく。

 

例えば不運なことが合った場合、

「塞翁が馬というから、気を取り直してがんばろう」 といった感じで励ましたり、

反対に、幸運なことでも

「塞翁が馬の話もあるので、油断しないでおこう」 と戒めることもできます。

 

 

現実にも

・良い企業に就職できたが仕事が合わなく大変な思いをする

・新車が手に入って喜んだら事故を起こした

反対に

・第一志望の学校に落ちたが、 仕方なく行った第二志望の学校が思いのほか楽しかった

・入院したのをきっかけに自分の時間を持つことができた

・パソコンにウイルスが感染したが、駆除したらスキルアップできた。

など、良いことがきっかけで悪いことが起きる

悪いことがきっかけで良いことが起こる

というのは、おそらく誰の人生にもあることでしょう。

生きていけばいくほど 実感を伴うようになることわざです。

逆境に陥ってもそれを逆用するぐらいにする、

物事が順調に進んでも油断しない、

いろいろなことに一喜一憂や右往左往しない

どっしりとした人生を過ごすためにも

塞翁が馬を座右の銘にするのもいいですね。

 

 

      6月10日  院長  藤田 泰志

ツイていない人はなぜ、ツイていないのか「六方思考」

いやあ参りました。

齢をかさねても、自分は知っているつもりが知らない事だらけ、恥ずかしい限りですね。

こんなサイトを見つけました。

 

努力だけで成功はつかめない。

ツキや運も必要だ。

多くの人がそう感じているはずです。

しかし、同時にツキや運は偶然の産物だと思い込んではいないでしょうか。

実は、そう思い込んでいる限り、ツキや運を引き寄せることはできません。では、どうすればツキや運に恵まれるでしょう。

 

答えは単純明快。常に「自分はツイてる」と思う、ただそれだけ。

私はツイてる」と考えることを習慣づければいいわけです。

逆に「自分はツイてない」と思ったり、他人の幸運をうらやむことが常態化すると、ツキに見放されてしまいます。

なぜならば、そもそも人間の脳の仕組み、感情の動きがそのようにできているからです。

 

何かしらの幸運があって「ツイてるぞ」と思ったとき、脳は「」状態になり、プラス思考が働き、「」を増幅しようとします。もともと脳は、新しいことや楽しいことが大好きですから、「」状態にある人はどんどん意欲的になります。いろいろなアイデアも浮かびますし、多少の困難があっても苦にせず、積極的にそれを行動に移そうとします。

 

逆に、嫌なことがあって「ツイてないな」と思うと、脳は「不快」状態になり、マイナス思考が働き、物事を悪いほうへ悪いほうへと考えがちです。このマイナス思考こそが、ツキに見放される最大の原因です。

 

つまり、ツキを呼ぶ大原則は「自分はツイてる」と脳を錯覚させて「快」状態に保つことなのです。

困難な課題に直面したとき、それでも「ツイてる」「楽しい」と思えるかどうか。

100人いれば、恐らく99人は「それは無理だ」と答えるでしょう。

しかし「無理だ」と思った途端、脳は困難の克服を目指して考えることをやめてしまいます。

根拠や自信がなくても構わない。とにかく「できる」と思うことが、困難を克服する第一歩です。

根拠のない自信は錯覚のようなものですが、人はある面、脳の錯覚で生かされています。

 

例えば、たいていの人は「自分は他者の平均より優れている」と無意識に思っています。

心理学でいう「優越の錯覚」です。「平均より優れている」といっても、平均がどのレベルなのかは曖昧ですから、これはいわば根拠のない自信。しかし、人は優越の錯覚により、自分の可能性を信じて目標に向かうことができると考えられています。

 

人は、とかく自分を軸にものを考えがちです。

「自分がいて家族がいる」

「自分がいてお客様がいる」

「自分がいて上司がいる」……という具合に、

自己中心的な捉え方をします。

これを一方思考と呼びます。

 

 

六方思考では、これを逆転させます。

「家族がいて、自分がある」

「お客様がいて、自分がある」

「上司がいて、自分がある」……

釈迦の六方拝は、人は周りに生かされているのだから、そのことに感謝し、東西南北と天地の六方に拝礼しなさいという教えです。

世の成功者が100人に1人だとすれば、

その人たちに共通するのが六方思考。

すなわち、周りの人それぞれの立場から

自分を捉えて、どう対処するかを

考えられる多重思考なのです。

 

お釈迦様が教える「六方拝」は、

「東・西・南・北」と「天・地」の六方、

すべてに感謝しなさいというものです。


「東に向かい、自分を生んでくれた両親、祖父母先祖に感謝しなさい」
「西に向かい、家族に感謝しなさい」
「南に向かい、お世話になった師に感謝しなさい」
「北に向かい、友人や知人に感謝しなさい
そして、
「命を守ってくれる天と、命を育んでくれる地に感謝しなさい」

 

     2017年5月10日  院長 藤田泰志

ダニング=クルーガー効果

「能力の低い人ほど根拠のない自信に満ちている」「知識や技能が低い人ほど自己評価が高い」という説があります。

 

未熟な、能力の低い人が、自らの容姿や発言や行動などを、実際よりも高く評価してしまう認知バイアス。自己の「愚かしさ」を認識する、メタ認知(公正かつ冷静な振り返り)が出来ない事で生じる。これをダニングクルーガー効果というらしい。見渡せば周りに必ずいるはずですよ。

 

ダニングが行ったひとつの調査は、物理、生物、政治、地理の4つの領域で使用される概念について、知っているかどうかを調査対象者に尋ねるものだった。

そこには「求心力」「光子」といった本物の概念に混じって、「視差板」「超脂質」などのデタラメな概念も9個含まれていたが、約90%の人がその架空の概念のうち、少なくともひとつを知っている、聞いたことがあると回答したという。

それも、一般的に物知りであるという自己評価の高い人ほど、架空の概念を知っていると答える傾向があった研究論文では、ある特定のスキルに関して、能力のない人は、「自らのスキルの欠如」、「他者の本物のスキル」、「自らのスキル不足の程度」が認識出来ないと言う。

これは、ある意味当然である。例を挙げれば自分が文法をどの程度知っているかを認識するには、その文法に精通している必要があり、能力のない人にはそもそもそれが無いので、自分の能力も客観的に判断出来ないのは、誰でも分かるだろう。

しかし、驚くべき事に能力がない事で人はうろたえたり困惑したりせず、むしろ不適当な程の自信に満ちあふれていると言う。

また、テストで不可や落第点を取る大学生は自分の答案はもっと高い点数に値すると考える傾向があり、また実力の劣るチェスやブリッジのプレーヤー、医学生、そして運転免許証の更新に臨む高齢者ほど、自分の力を過大評価する事も分かった。

論文著者は、こうした現象は無知というより、誤った情報や知識に起因すると考えるようになったと言う。

 

どんな人間も万能ではない。多かれ少なかれ、誰もが何かの領域では能力が劣り、自分をメタ認知できず、過大評価してしまうワナに陥る可能性がある。

情報過多の現代社会において、こうしたダニング=クルーガー効果の罠に陥らない為には、どうすれば良いか?ダニングは、

  1. 常に自分の中に、「あえて反論するもう一人の自分」を持つこと
  2. 自分は間違っていないかを自問すること
  3. 知らないことは「知らない」と認めること
  4. 失敗は成功への道筋だと知ること

と述べている。

 

周りにいる自信に満ちた人の立ち居振る舞いの真贋を見極める眼力を身につけないと、簡単に性善説の立場をとることが出来ないですね。

日本には「実るほど頭を垂れる稲穂かな」と言う諺があります。(稲が実を熟すほど穂が垂れ下がるように、人間も学問や徳が深まるにつれ謙虚になり、小人物ほど尊大に振る舞うものだということ。)これが真贋を見極めるフィルターになるのかもしれないですね。

 

2017年4月10日  院長 藤田泰志